09/8/20 『サマーウォーズ』を観る。

まだ疲れが身体にはりついている感覚。
朝、久しぶりに血糖値を測ると…90。
問題なし。
ただの夏バテみたいです。
仕事で疲れたというわけではなく体温調節に疲れたのでしょうね。
暑さのピークはとうに過ぎたようですが。


…昨日、skype(スカイプ)をダウンロードした。
ネット回線経由で無料で世界中と通話、あるいはテレビ電話出来るというフリーソフト
有料で加入電話にもつなぐことが出来るという。携帯にもかけられるのかな?
通話のテストをしたい。
誰かskypeで繋げる人いないかな。


最近はこのスカイプとかfacebookとかtwitterとかネットの世界でも革新が著しい。
発展途上の世界だもんな。


Twitterで懐かしい名前を発見!
H田ディレクターが世界陸上開催中のベルリンにいた。
コードネームはhissuy。
Twitterというのはこうゆうふうに使うのか。
さっそくコメントをPOSTする。


…今朝もおかゆ朝食。
押し麦入りの麦がゆです。


午後から西宮ガーデンズに映画を見に行く。
夫婦50割引、映画はあのサイテーの『剱岳 点の記』以来、一ヶ月ぶりかも。
見たのはアニメ『サマーウォーズ』(細田守監督)。


14時45分からの上映。
小さめのスクリーンは8割から9割の入り。


夏休み、長野県上田の旧家に親族が集まった。
あるきっかけからネット上の仮想世界OZで現実社会滅亡の危機が勃発する。
上田の旧家の一族は力を結集して最強の敵に挑む、という物語。


主人公の女の子は夏希という名前。
ナツキという名前の響きが僕は好きです。
もし女の子が生まれたら候補の一つでした。
他には、若葉(金子光晴の孫ですね)がお気に入りです。

日本の夏風景とネットの仮想世界とのコントラストが面白い。
たまたまスカイプとかTwitterとかの世界に触れたばかりだったので
見ていてリアルですんなり物語に溶け込めたのかも。
次から次へとピンチが襲い、間一髪で切り抜けるというサスペンスの定番。
小中学生が見たら忘れられない映画になるでしょう。
4.0ブラボーかな。


ちょっと90歳のおばあちゃん(声は富司純子)が不自然だった。
日本の政財界の大物に電話をかけて世界の危機を救う一翼を担う、という設定。
これがどうも腑に落ちない。
なくてもよかったのでは?

     

主人公はケンジくん?

     http://www.youtube.com/watch?v=2Wi2lb1sVk8
     



…夕方6時から天満でセルジオと酒宴。
ゲストは笛の鉄心先生です。
『ダイワ食堂』にてサッポロラガーで乾杯。
鉄心さんも日本の城郭に造詣が深くムックを執筆中のセルジオと話が盛り上がる。
僕は門外漢なれど興味はあるので聞くのは楽しい。
そうでしたか、今ある大阪城は夏の陣の大阪城とは全くの別ものなのか。
ひたすらビールを飲み続け、『ワイルドバンチ』へと流れる。
ワイルドバンチのカウンターは広くていい。
ついでにこの店のトイレも居心地がいい。
住んでもいいとさえ思う。


週刊朝日の古本を見つける。
昭和34年のテレビ特集、定価80円。
テレビ放送が始まって5年も経っていない時代。
各局のテストパターンが載っている。
ABCはまだ大阪テレビという局名で放送していた。
掲載されているテレビの広告、1台約6万〜7万円。
当時の初任給は1万もなかっただろう。
今で言えば1台150万くらいの感覚だろうか。
いま、150万の家電製品なんてないのでは?
パソコンの最高級機だってもう50万もしないだろう。
見ているだけで面白い。
店主の庄内さんが、持っていって下さい、と言う。
え、いいんですか?
でも、もったいなくて、僕よりもっと価値のある人の手に渡って欲しいと思う。
次に行った時にまだあったら…お借りしよう。


夜は涼し。
22時半くらいで切り上げて帰宅。
鉄心先生の語り口はステージ同様に穏やかでほのぼのとして優しい。
聞いていて疲れないのは演奏家の天性なのでしょう。