09/8/30 小泊、現金書留、走る妹よ

[MEMO]
※この日の記述を書かないまま時が経ってしまいました。行動メモとして残します。


金沢で目覚める。
午前中に駅前ビルにあるシネコンで映画を見る。
韓国アクション巨編『グッド・バッド・ウイアード』
舞台は戦時中の満州、ここを西部の荒野に見立てたウエスタン活劇。
無茶苦茶だけど理屈じゃなく面白い。

  



映画のせいか昼食は濃いものが食べたくなる。
同じビルでバラカツ定食とグラスビール。


サンダーバードで帰阪。
ピッコロでチキンカレー小を食べる。


夜は三上寛@天六ワイルドバンチ。
生で『夢は夜ひらく』を聞く。
作曲の曽根幸明が、この歌詞が一番いい、と誉められた話をする。


 七に二をたしゃ九になるが九になりゃまだいい方で四に四をたしても苦になって夢は夜ひらく

 サルトルマルクス並べても明日の天気はわからねぇヤクザ映画の看板に夢は夜ひらく

 風呂屋に続く暗い道40円の栄光は明日のジョーにもなれないで夢は夜ひらく

 八百屋の裏で泣いていた子供背負った泥棒よキャベツ一つ盗むのに涙はいらないぜ

 四畳半のアパートでそれでも毎日やるものはヌード写真に飛び散ったカルピスふくことよ

 赤提灯に人生論やけに悲しくつり合うがコップひとつの幸せをなんで飲み終る

 生まれの故郷の小泊じゃ今日もシケだといっている現金書留きたといい走る妹よ

 本当に行くというのならこの包丁で母さんを刺してから行け 行くのならそんな日もあった

 夢は夜ひらく唱ってもひらく夢などあるじゃなしまして夜などくるじゃなし夢は夜ひらく



※後日、この日のライブ動画がアップされたので貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=Gqesgnv6SVs