09/9/29 一夜明けて…。

大腸カメラから一夜明けて…なんて大仰な物言いだが、ま、普通です。
いつも通り自分を甘やかして寝坊人生が始まる。


まあ、何ですな、自民党の総裁選も終わりまして。
新総裁に谷垣という方が選ばれまして、自民党の総裁といっても単なる野党の党首です。
総裁選のニュース見て、どうもしっくり来ない。
なんでやろ? と考えてみると候補者の顔がどうも自民党らしくない。
谷垣、河野、西村、どっちかというと民主党顔ですな。
ヒールの迫力に欠ける、赤坂の料亭が似合わない。
やっぱり、森喜朗でしょ。
これぞ、ザ・自民党の顔。
大平、中曽根、竹下、福田、金丸ら戦後の匂いを残した妖怪然とした面々。
自民党の顔はこうでなくちゃ。
今の政治家で自民党総裁に似つかわしい顔は…?
小沢一郎かなあ、そうそう鳩山邦夫自民党顔だ。
2大政党の党首が兄弟、なんてギリシャ神話やシェークズピア戯曲っぽくない?



…男子ゴルフのパナソニックオープンの中継を見て思ったこと。
パナソニックだけあって優勝の副賞は電化製品の豪華セット。
液晶テレビ、冷蔵庫、全自動洗濯機、パソコン、コンテナの中にズラリと最新の電化製品が並んでいた。
おお、ズバリ当てましょう! だ。
そう思ったのは40代後半以上の世代でしょうね。
60年代から70年代、ゴールデンタイムに『ズバリ当てましょう!』という人気番組があったのだ。
ナショナルプライスクイズ
モノの値段を当てるクイズショーですが、ズバリ当てた賞品が電化製品一揃えの豪華セット。
当時は庶民がタメ息をもらすほど夢のような賞品だった。
司会は泉なんとか言う人(?)、アシスタントは松本めぐみ
のちの加山雄三夫人です。
ああ、懐かしい。
You-Tubeに映像が上がってました。

     http://www.youtube.com/watch?v=1NBbAka7v34
     



…午後遅く、須磨学園へ番組の打ち合わせにつき合う。
海の見える陸上トラック、小林祐梨子の練習を見学する。
間近で見るトップランナーのフォームは惚れ惚れするほど。
監督にいろいろと話を聞く。
陸上の練習は単調、いかに変化をつけたり気分転換させたりするかが重要だとのこと。
そうなんですよね。


…新開地の本屋で『男の隠れ家』を買った。
特集は「週末、山へ」というおっさんの登山指南。
この季節は山の温泉や山小屋で一杯やりたいですね。
記事の中身はありきたりの定番コースの紹介だった。
あくまで初心者向け、ヤマケイや岳にある詳細な情報を期待してはいけない。
連載エッセイはなかなか読ませる。
宗教人類学者の植島啓司の「粗食を楽しむ」がいい。
一部抜粋。


 よく家族団欒とかいうけれど「一人で内緒で食べる」こと以上の快楽がこの世にあるだろうか。
 あるインタビューで吉本隆明が次のように語っている。
 「でも、誰にも何も言わずに食べるという快楽がある。
  僕は宴会とか行ってもほとんど食事に手をつけずに、しゃべってばかりいる。
  食うんだったら、一人で内緒で食べるのが好きなんですね。
  いまも盗み食いが好きだし。」
 まったく同感である。               (『男の隠れ家』11月号より)


僕も全く同感である。
たまにでなく、二回に一回は独酌したい。
そんなの淋しくてみすぼらしくてまっぴらだ、という人もいるのは分かる。
でも、そんな気分になれるのも含めて独酌というか独餉を愛好する。
そんな時に贅沢なものでなくていい。
植島氏も書いているが、カレーライスに缶ビールで十分満足。
激しく同感。

     
     

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
更新情報です。
これで9月分は積み残し無し。

9/17 牛と笠岳とお燗ビールと
http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20090918#1253202406