09/11/11 軽く一杯のつもりで…。

体重71.90キロ。
2009年最軽量を更新した。
10日間の断酒の効果に違いない。
減量のための断酒ではない。
アメーバ腸炎の薬を服用している間は飲まないように、と言われていたからだ。
明けて、我が腸内のアメーバどもは滅亡に向かっているのか。
口の中が酸っぱいのはアメーバどもの断末魔なのか?
口が酸っぱくなるほど言い聞かせる、と言うがどうして酸っぱくなるのかな。
ま、いいか。
最軽量は断酒の副産物。
酒が美味しくなる、という特典もある。


…立派な朝食。
湯豆腐、玉子焼き、茄子の甘辛炒め、鰆。
焼いた鰆が旨し。
スペシャルで1500円だな。

     

  

…雨が降ったり止んだりでジョギングお休み。
間隙を突いてJRさくら夙川駅へ歩くも途中で降られ阪神香櫨園駅から乗る。
こういう時に阪神間は便利である。


ヨドバシMacの新OS v10.6を買う。
愛称「Snow Leopard(雪豹)」5台インストール可能なファミリーパック。
5580円を3人のMacユーザーでシェアして購入。
早速、MacBook に雪豹をインストールしてみる。
懸案事項が二つ。
インストール中に止まってしまう不具合が多数報告されていた。
このディスクは大丈夫か?
もう一つは古いアプリケーションが使えるのかという心配。


インストールは無事終了。
Apple Worksを起動してみると画面に
画面に「Rosetta」というソフト(プラグイン?)をインストール、起動せよ、と指示が出る。
指示に従って「Rosetta」起動。
これはIntelプラットフォーム上でPowerPC用アプリケーションを動作させるエミュレーター
するとApple WorksもiTextもPhotonikなどのフリーウエアも動く。
空き容量も6〜8ギガくらい増えた。
これなら自宅のiMacにも導入可能。
パフォーマンス速度がどれくらい増したかは不明。

     

  

サッカーマガジン最新号に米子北敗北のニュースが載る。
今年の選手権最大の番狂わせとある。
巻末の連載『無限大のボール』のタイトルは「敗者よ、ロッカー室へ」
ナビスコ杯決勝の川崎フロンターレ問題にふれてのコラム。
もう一つの連載『ピッチのそら耳』のタイトルは「ファイナリスト」
二つのコラムがあえて同じ問題を扱っている。
対立する意見ではないが、ある意味で対照的な内容。
いつもは裏表のレイアウトだが今回に限っては見開きの両サイドに掲載される。
これは意図的なのだろうか。
どちらも読み応えあり。
先週号の巻頭コラム『ゴールのあとの祭り』の「卵のように柔らかいもの」も秀逸。
ストイコビッチ監督の幻のゴールに触れたもの。


退場処分になったストイコビッチの幻のゴールの動画。
     http://www.youtube.com/watch?v=YQPW2jC_URY&NR=1
     


…♪ちょっと一杯のつもりで飲んで いつのまにやらハシゴ酒
この名曲『スーダラ節』を地でいってしまった。
断酒明けにちょっとだけ旨酒を楽しもうとよしむらへ行くが、
本日、よしむら〜バルセロナ〜アフターアワーズ、A部氏と3軒のハシゴ酒。
 ♪気がつきゃホームのベンチにごろ寝
とまではいかないが、気がつきゃ電車で乗り過ごしJR住吉駅まで行ってしまう。


でも『よしむら』で久々に飲んだ酒旨し。
「鶴齢」(新潟)、「白菊」(石川)、「凱陣」(香川)と東から西へ。
この順番、この組み合わせが抜群に素晴らしい。
すべて燗、徐々に温度が上がる。
いつかまたこのラインナップで飲みたいと思わせる。
肴は甘鯛や本ししゃも。
酒が進むのも無理はない。


釧路は雪景色になったらしい。