09/12/14 とっちらかってる感じ

寝たのが3時過ぎ、身体がストライキ、起きようとしない。
体内時計が狂うと高血圧になる、という実験結果が新聞に載っていた。
夜更かしは極力避けるべし。
まあ、滅多にあることではないけど。


Podcast久米宏政権交代100日が過ぎての印象を語る。
新政権はなんていうか、とっちらかってる感じがする、と言う。
上手いこというなと思った。
まさにその通りの印象。
今まで蔵に収まっていたものを引っ張り出して収集がつかなくなっている感じ。
とっちらかってる。
でも、僕はとっちらかってる状態は悪いことではない、と今は思っている。
朝まで生テレビ的なテイストはあるけれど)
普天間のことしかり。
ここ2ヶ月ほどの動きを見て感じることは、日本の世論とかマスコミは
アメリカと対立したり機嫌を損ねたりすることに異常なほど臆病だ。
アメリカが怒ってるらしい、ということにおそらく自民党以上に過敏だ。
戦後60年、いつのまにかそうなってしまった。
新政権を積極的に支持はしないけど前よりマシ。
思い出せば(つい三ヶ月前までだが)前政権は相当に非道かった。
とっちらかっても、これくらいでいいんじゃないかと思う。


…ニュースデスク。
今日は長谷川穂積の対戦相手の練習公開のニュース。
手の内を隠してか、スパーリングはしなかった。
コメントは自信満々。


…ヒロが干し芋を買ってきたくれた。
干し芋は僕の好物なのだ。
子供の頃から好きだった昭和のおやつ。


オープントースターで表面を炙る。
美味しそうな色になる。
ブラックコーヒーと相性がいい。
そう思うのは僕だけか。


干し芋に見えない?
  
  


スーパーで売っているのはたいてい中国産か茨城産。
もちろん茨城産を買う。
芋類だから残留農薬が心配だもの。
国内産だからといって安心は出来ないけど。
中国産の芋を最終加工だけ国内でやってるという話も聞く。


ネットで安納芋の干し芋を見つけた。
思わず購入。


…昨日の三上寛のライブ映像に続き友川カズキを発見。
映像作家ヴィンセント・ムーンの作品。
飛田新地友川カズキが絶唱する。
2月28日のシャングリラ(大阪福島)でのライブ、その日のぷよねこ日記にこうある。


  ライブの様子をフランス人の若いカメラマンたちがHDのデジカムで撮影していた。
  Vincent Moon(ヴィンセント・ムーン)という映像作家だと言う。
  友川がステージ上で彼ら3人を紹介する。
  ニューヨーク在住のフランス人で全員が20代。
  「撮りたいと言われて最初は断ろうかなと思っていたけど、
  彼らの作品見たらすごくいいんだよ、これが。
  じゃあと撮り始めたんだけど、すごいの、今日で5日目だけど彼らは休まない。
  3交代制でずーと撮り続けてるのよ、ほとんど寝てないんだよ。」
  出来上がったら是非とも見たいと思う。    (09/2/28の日記より)



You-Tubeにはない。
vimeoという動画サイト。
http://vimeo.com/7098130


    


ここでも見られます。
http://modestlaunch.com/


夜中に強い酒を飲みながら見たい。
友川カズキのドキュメンタリー映画『花々の過失』もアップされている。