2010/2/23 許してくれない人

叫ぶスキップ “Haaaaaaaaard!”


    




ジョギングしながら思ったこと。
僕らの同世代のことを考える。
日本という国が衰退している。
世界の中の日本は70年代から90年代にあった影響力を失いつつある。
国の衰退と、テレビという業界の衰退と、自分自身の衰退(老化)がシンクロしている。
国も、職場も、自分も同じように後退戦を強いられている。
この状況が妙にしっくり来ているんだよなあ。
もし、自分が20代だったら違和感があるだろうか。
あるいは老い先短いのに国が発展を続けていたら…。
自分に子供がいたらこんな無責任なことは言ってられないだろう。
致命的な欠損。
でも、仕方ない。
それも人生。


花粉が飛び始めた。
ゴーグルして走る。


…スイス戦、日本完敗す。
Twitter観戦、序盤はhissuyが単独、途中から三茶合流、hissuy離脱。
小林師匠が何度も「許して!」と懇願するもオットーさんは許してくれなかった。
スイスのスーパースキップ、ショット成功率94%。
容赦なし。
師匠『オットーさん、許してくれないんですよね』
日本、たまらずコンシード(concede)

スイスのスーパーマーケットのレジ係みたいな地味な風貌のなのにね。
ベルン大学出身の38歳、アルペンスキーも上手そう。
五輪開幕前にカナダでシューズ他の道具を盗まれたらしい。
http://wwos.ninemsn.com.au/article.aspx?id=1011048

   



…ジャンプ団体はオーストリア圧勝、日本は5位、順当な結果。
葛西が140越えの大ジャンプを見せるもメダルに届かず。
試合後、現役続行を表明。
だって若手が育ってないし、いまだに日本のトップだし。
北海道経済のダメージにより生まれた大きな空白は埋まらない。(眼鏡堂 談)
事業仕分けで国がスポーツを応援するしないなどと議論があるが、
国が力を入れて盛り上がった競技なんて数えるほどしかない。
企業が支えるシステムだったのだ。


…夜は天満飲み。
宮古島帰りのY田クンとA部氏、にちにA木、T夢合流。
『大安』『ダイワ食堂』『ワイルドバンチ』と渡り飲む。
ビールに始まり、純米酒、赤ワイン、最後は角ハイボールで締め。


飲んでる最中に四国高松のFクンより電話入る。
フェリーで高松へ渡り3日間くらい滞在したい。
4月からの仕事のこともプランしとかないとね。


…スケジュール帳を大判のA4ノートに移行しようと決めたのが1週間ほど前。
5年以上続いたA6版のデルフォニクスだったけど気分転換したかった。
大判で見やすいのはいいのだが電車の車内とかで広げにくいのが難点。
たまたま3月始まりの堂島のデルタで見つけた
サイズは文庫本、見慣れた大きさ、見開きにするとそこそこの広さがある。
これでいいな、と思い、1日悩んで購入。
文庫本サイズだからカバーも気分で替えられる。


ヒロがバッグインバッグがいいと言う。
通販のベルメゾン(千趣会)で買ったものでバッグの中を整理できるグッズ。
時々、デイパックの中とか、トートバッグの中で欲しいものが行方不明になる。
それを整理しておける。しかも軽い。
借りて使ってみるとこれがいい使い心地。