2010/3/8 12年目の長野

大阪8時58分発「ワイドビューしなの9号」で長野へ行く。
登山靴の乗客を見るとうらやましくなる。
9時半過ぎ、京都を出たあたりでヒロのおにぎり弁当を食べる。
名古屋通過、中津川を過ぎ木曽路に入ると一面の雪景色。
5時間の鉄路、14時前に長野駅着。
駅構内に大きな五輪マークが出迎えてくれる。
あれからもう12年も経つのだ。


  



長野市内を下見&撮影。
ボブスレー&スケルトンのコース「スパイラル」を初めて見る。
フィニッシュ地点から先が急な上り坂になっている。
これでブレーキをかけるのかあ。
知らなかった。


スケルトン越さんとホテルで打ち合わせ。
画面から伝わるようにホントにいい人です。
情熱家でしかもユーモアもある。
人間にとってユーモア感覚というのは大事だと思うのだ。
ユーモアというのは狂信者にはない。
どこか自分を客観的に見られる能力があるということ。
逆境の時代を生きるにはユーモア、である。


メルパルク長野泊。