10/6/8 アンゲロプロスな風景

今日のモーニンチューンは名曲『We're All Alone』で。
オリジナルはボズ・スキャッグスだけど僕はリタ・クーリッジのが好きです。
イントロの楽器がボズはピアノ、リタのはアコースティックギター
♪ Outside the rain begins 外は雨が降ってきた
20代の頃、飲み疲れて午後近くに起きたら外が暗い。
あ、雨か…今日はどこへも行かないで本を読んで過ごそう。
なーんて気怠さが心地よかった。
でも、今日は薄曇りで雨は降りそうもない。
仕事も…あるし。
http://www.youtube.com/watch?v=yGC29fn8JFU


リタ・クーリッジと言えば若き日にレオン・ラッセルやジョー・コッカーと全米を旅した。
伝説のマッド・ドッグス&イングリッシュメン。
有名な『スーパースター』や『マスカレード』の入った2枚組LPがレコード棚にある。
のちにクリス・クリストファースンとディエットもしてたなあ。
二人は夫婦だったか。
伊東ゆかりらがカバーしたこんなアダルトな曲もあった。
『あなたしか見えない』
僕の学生時代、1979年の東京音楽祭、懐かしい。
http://www.youtube.com/watch?v=Z3u6gn6UQQg



…曇り空の下、風は涼しい。
いつものコースを10マイルサイクルジョッグ。
芦屋浜の先端を走っていると目の前に1艘のヨットが現れた。
曇り空、灰色の海、白い帆。
テオ・アンゲロプロスの映画を思わせる。
対岸は大阪南港の高層ビル群。


Podcast『キラ☆キラ』で眼鏡堂氏が審判について語る。
そう、審判はある意味で監督以上にゲームのコンダクター(指揮者)なのだ。
特にノンストップのサッカーやラグビーでその役目は大きい。
もっと尊敬を!


マツザカが8イニングス無失点。
よい、悪い、よい、悪い、よい、とオセロのような投手。
シアトルはクリフ・リーが安定した投球。


…午後からSpor+拡大版の編集立ち合い。
終わったのが26時過ぎ、帰宅して27時。
冷蔵庫から本搾りチューハイを出す。
風呂上がりに飲む。
減量レース、集団から一人遅れていく。
リンダ・ロンシュタット『またひとりぼっち Lose Again 』がしみる。
http://www.youtube.com/watch?v=RNBqNuq_H3c