10/6/14 『Crazy Heart』@リーブル神戸

あれ? 雨降ってない。
梅雨入りすると翌日は晴れる、というのはよくある現象。
でも、空気はじっとりと湿気を含んでいる。
がんばって今日は自転車でなくジョギング。
最近は走ってないので5キロ走れるか不安だったのだ。
Podcastを聴きながら何となく走りきってしまう。
蒸し暑い。


Podcast『キラ☆キラ』は長寿番組「笑点」の話題。
最近「笑点」が面白く感じてきた理由は熟成か老化か?
年寄り臭いと思っていたことに感応するようになることは多々ある。
温泉、独酌、落語、クラシック、歌舞伎…。


WEBでワールドカップのハイライト映像を見る。
ドイツ4-0オーストラリア、独軍の容赦なき電撃作戦。
ポドルスキー、クローゼ、ミューラー、得点者の名前からして強そう。
特にクローゼのクロスに合わせたヘッディングは圧巻。
ドイツ、オランダ、北欧あたりの国は弱い相手にも容赦なく点を重ねると聞いた。
冬が厳しい国だから保存食の論理だ。
とれる時にとっておく。
狩猟民族。
暖かいラテンの国とは事情が違う。



…今日はオフ、映画『クレージーハート』@シネリーブル神戸。
14時からの回、1000ポイントたまっているので無料です。
15分前に行ったのに整理番号はすでに53!
以前はガラ空きだった平日の昼、ここ最近はかなり混むようになった。
梅田ガーデンの『オーケストラ』は午前中から満席で立ち見だった。
客層の大部分はリタイアした中高年、この日はほとんど夫婦連れだった。
前から思っていた、年々退職者が増えていけばいずれはこうなると。
平日の昼間は僕らのような自由業の天国だった。
でも、団塊の世代の真っ当な勤め人のリタイアが始まっている。
じわじわと確実に平日の昼間の映画館が混むようになる。
まるで地球温暖化で水かさが増すように。
たまたまドキュメント『Buautiful Islands』の予告編が流れていて、
沈みゆく島みたいに観客席が中高年で埋められていく様を思い浮かべる。

 


映画は4.5ブラヴォーだった。
泣けるような激しさはないけれど良質の静かな感動が残る。
映画『ザ・レスラー』を思わせる落ちぶれたカントリー歌手、57歳が主人公。
冒頭、ボウリング場で歌うライブのエピソードで彼の境遇が分かる。
アル中だが、酒を買う金にも不自由している。


サンタ・フェ、フェニックス、ヒューストン。
あのあたりのひたすらだだっ広い場所が物語の舞台です。
主人公のバッド・ブレイクは古い相棒のステーションワゴンで一日500キロ移動する。
一人行く先々のバンドマンと一夜限りのライブの日々。


ヒロインはマギー・ギレンホールという女優。
サンタ・フェに住む子持ちの地方紙記者。
セルジオが指摘するように最近は惚れっぽいのかな。
彼女に肩入れして見てしまいました。
弟はジェイク・ギレンホール
あの『ブロークバック・マウンテン』のホモ男クンです。
僕としては『遠い空の向こうで』が忘れられない。
姉弟は口元がよく似てます。

 


ネタバレになるので詳しくは書きませんが物語は好ましい展開でした。
よくある人生の再起ものやアル中破滅ものとは一線を画す。
人生って、こんなもんなんだよね。
これは、これで、いいんじゃないのか、と心安らかに受け入れられる。
So it goes.


ピーター・バラカン先生が推薦文に書いている。


ジェフ・ブリッジスは演技だけでなく、歌もうまい!
      こんなきれい事のない正直な映画は大歓迎です。』


そう、きれい事のない、という表現、当たってます。
人生そんなうまくもいかないし、とことん悲惨でもない。
でも、辛くて、悲しくて、楽しいのかも。


見終わってから知ったのだが、主演のジェフ・ブリッジスはオスカー主演男優賞なのだ。
ついでに主題歌賞のダブル受賞、マギーも助演女優にノミネートされている。


ジェフ・ブリッジス
僕 個人的には『ラストショー』『キングコング』の人だ。
『ラストショー』から『クレージーハート』の間に40年の歳月がある。
71年の『ラストショー』の彼を知っている僕自身にも40年は同様に横たわっている。
http://www.youtube.com/watch?v=CaxWjH0F-2I


http://www.youtube.com/watch?v=bzdNkovFuCE



…映画終了、書店をのぞき、元町『エヴィアン』で珈琲を飲む。
昔の珈琲専門店の味、サイフォンで淹れたコーヒー。
JRで六甲道まで移動し『灘温泉』につかる。
倶利伽羅悶々の若い衆が8人! 弁財天に花と龍…。
ぎょっとするがこの銭湯では日常茶飯事、前にも親分を見た。
たまたま35度の源泉は空いていた。
湯上がりに立ち飲み『ちびちび』でビール&「開運」生酒で独酌。
早めに切り上げて帰宅する。

 


…オランダとデンマークの試合を見る。
さんまの『明石家電視台』のゲストが貫地谷“佐那さま”しほり。
貫地谷しほりは何と本名、両親がサザンの『栞のテーマ』からつけた名前だそうな。