10/6/20 グラーツより愛をこめて

朝が辛いっす。
湿気じっとりアジアンモンスーンの日々がやってきた。
今日は4連続デスクの最終日、このシリーズは編集と兼務のためキツい。
自業自得なのだけど。
これからはこういう仕事のシフトはやめよう。
ご自愛を、自分自身にご自愛を、である。
気力で乗り切ろうとせずに段取りで乗り切ること。


…このところ毎日楽しみの『今日のオシムと世界標準』
日本とオランダの試合をオシムが解説するリポートが載っている。
オシムは自宅のあるグラーツにいる。
テレビの前でつぶやいて通訳が訳してスカパーの担当さんがタイプする。
監督はこんなふうにベンチで叫んでいるのだ、と知る。
以下引用。


  後半開始
  オシム「後半最初に気をつけろ。猛攻撃を仕掛けてくるぞ。
               それ以外にオランダには方法がない。」


  オシムトゥーリオとユウジは協力してファンベルシーと1対1の状況を作らせるな」
    「ファウルを犯さないように気をつけろ」
    「プレッシャーをかけろ。自由にさせるな」


  53分 スナイデルの強烈なシュートがGK川島の手をはじいてゴール
  オシム(無言)

 
  64分 松井に代わって中村俊介がピッチへ
  オシム 反応なし


  80分
  明らかに「スペイン対スイス」戦のディレクターではない。今大会の特徴である
  表情のスロー再生が繰り返される。どうしても馴染めない。
  この中のワンカットでもLIVEでテイクすれば救われるのに。


  オシム「シュンスケ、もっとプレースピードを上げるんだ」


  85分 GK川島が再三のビッグセーブ
  オシム「川島はこれで2点防いだな」


  90分 岡崎が左足でシュートを放つがゴール上に外れる。
  オシム「そんなに強く打たなくていいんだ」


ピッチサイドの監督の声、実に興味深い。


…日曜日のG階の編集室はとことん冷えている。
次に機会があるときは薄手のセーターかスエットを用意するべし。


…飲む予定ではなかったのだがストレスで飲む。
小籠包と青島ビール@金国、翌日のことを考えるとやめるべきだった。
ぼくの人生とはこの葛藤の繰り返しなのかも。