10/7/18 美しい夏 美しい自転車

七月の風が部屋を通り過ぎる。
梅雨明け2日目、気持ちよくカラッと暑い夏の朝です。
昨日の日記に貼った写真は間違いなくムクゲのようですね。
芙蓉は樹木ではなく花ももっと大きいのだとヒロが教えてくれた。
確か近くの公園のそばに毎年ビロ〜ンでっかい花が咲くのを思い出した。


夏の花といえば百日紅サルスベリ)だ。
鮮やかなピンクが青空に映える。


海風が心地いい。
Giantロードバイクで芦屋浜から新西宮マリーナ、西宮大橋を走る。
日曜日、釣りや水遊びをする家族連れが朝早くから海岸に集まる。
芦屋の陽光水路ではウェイクボードの大会が開かれている。


おそらく20年以上前のGiantロードレーサー
1999年の1月に中古で買った。
20000円だった。
ドロップハンドルをフラットバーに換え、サドルを昔から使っている革製にした。
変速は今では珍しいダブルレバー方式。
細身のクロモリフレームと銀色のステム(ハンドルを支える部品)が美しい。
自転車はクラシックな部品がいいなあと最近ようやく目覚めた。
金属(メタル)の光沢はぞっくとするほど美しい。
イタリア製のクラシックなパーツで組んだロードレーサー
乗ってみたいというより鑑賞用だな。


チネリのスーパーコルサという自転車。1978年式で価格は80万円ほどする中古品。
銀メタリックのステムやシートピラーがいいなあ。
ヴィゴーレもいつか銀パーツに換え、タイヤもこんなクラシックなものに換えたい。
  



…自転車で走りながら考えた。
今回のワールドカップを巡る書き物で一番ナットクしたのは内田先生のつぶやきだ。


  ワールドカップから学ぶこと。その一、世界の基本単位は国民国家である。
  その二、人間のパフォーマンスを高めるのは、負けてるときにも楽しめる能力である。
  その三、落ち込むと負ける。図に乗ると負ける。考え過ぎると負ける。
  考えが足りないと負ける。ワールドカップは深いです。        6/19
 

そうです。
落ち込むと負ける。
図に乗ると負ける。
考え過ぎると負ける。
考えが足りないと負ける。
サッカーでは門外漢であるはずの内田先生が思わずつぶやいた真理。
そう、ワールドカップは失敗のショーケースでもある。


なんで今になって思い出したか?
昨日起こった交通事故がきっかけでした。


北海道・足寄の衝突事故:バスあおむけ、重軽傷は41人
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100717-OYT1T00865.htm


観光バスがオートバイとの正面衝突を避けようとした。
カーブで急ハンドルを切り、そのまま横転。
秘湖オンネトーへ続く道で僕も何度か通ったことがある。
原生林を走る片側一車線の交通量の少ない道だ。
バイクに乗っていた62歳の男性はスタンドを上げるのを忘れていたらしい。
道なりに左折、ところがバイクを傾けるとスタンドが道にこすれて曲がれない。
そのまま大きくふくらんで対向車線に飛び出す。
そこへ運悪く大型バスが来た、というわけ。
大型バスでなく僕が運転するレンタカーだったとしても不思議ではない。


事故は複数のミスが重なることで起きる。
一つのミスなら何とか切り抜けられる。
不運にも同時に他の(他者の)ミスが重なる。
事故が起こる。
このケースの場合。
その1:バイクがスタンドを上げ忘れていた。
その2:見通しの悪いカーブでそれに気づくが止まらず大きく膨らんで対向車線に出る。
その3:対向車線からバスが来た。


自転車に乗っていてもヒヤリとすることは何度もある。
たとえば…先日のチェーンがはずれ転倒したケース。
その1:チェーンに油をささず放っておいたこと。
その2:段差があったこと。(チェーンが跳ねてギアからはずれた)
転倒場所が車道であったら、さらに致命的な事故になっていたはず。
その3:転倒した場所に対向車が来た。(来なかったのは幸い)


10年以上前にこんなこともあった。
見通しのいい武庫川沿いの自転車道を走っていた。
正面から工事用のトラックが来た。
自転車専用道なのに傍若無人なふるまい。
(まあ、そういう人もいます)
衝突して死ぬのはこっちだから最終的に僕が避けた。
アスファルトの自転車道をはずれて草地を走る。
草に車輪をとられた。
ゆっくりと転倒。
倒れた頭の30センチ横をトラックのタイヤが行き過ぎた。
頭がクラッシュするとこだった。


事故は複数のミス(要因)で起こる。
ワールドカップのような高度な守備戦のゴールも同じだよなと思った次第。
特に最初の1点が大きい。
たまたまミスが重なってというケースが多い。
何かミスをする。
そこに対向車(相手選手)がいる。
大事故(ゴール)になる。
運が悪いとも言える。
偶然の産物とも言える。
どこまで危機管理が出来ているかが大事。
でも、危機管理し過ぎたら勝てない。


最初のゴールから次の展開が生まれる。
攻める、守備網を突破する、人数をかけてゴールに迫る、同点ゴール!
…とはいかないのがサッカー。
攻める、突破する、人数をかけてゴールに迫る、ボールを奪われる、カウンター、追加点!


落ち込むと負ける。
図に乗ると負ける。
考え過ぎると負ける。
考えが足りないと負ける。
ワールドカップで一番ナットクした真理。


…今日はスタジオ編集。
晴れた日の室内仕事は悲しい。
日曜なので短パンで行く。
思ったより早く終わる。
A部さんから夫婦で伊勢志摩へ週末旅行。
地酒とアワビ三昧とのこと。
悲しい。


大阪夏の陣」のオリックスソフトバンクに3タテ。
2年連続の「夏の陣」負け越し。
だから「夏の陣」は負け戦なんだって。
Jリーグ、ヤット君(遠藤)が大活躍した模様。