10/8/3 ぷよねこ義歯伝

朝は意図しなくても暑さで目が覚める。
体重は72.35とここまでは順調に減る。
Giantロードバイクで15キロ走りシャワーを浴びる。
9時予約の歯科クリニックへ行く。


去年の12月から始めた歯医者通いもクライマックス。
自分の娘のような歯科衛生士に口の中を好きなようにいじくりまわされ、
その辱めに耐えながら、Mな快感を覚え始めた頃に義歯が出来上がった。
義歯、入れ歯である。
上下の部分入れ歯。
他人には見られたくない代物である。


虫歯と歯周病で奥歯が抜けた。
その歯を補うもの。
歯に当たる部位と歯茎に当たるピンク色の部位と金属で出来た精密な器具。
欠損したものを補う、と言う意味では義手や義足と同じ。

もちろん違和感は拭えない。
医師は、慣れるしかありません、と言う。
どんな感じと聞かれれば、
歯と歯の間に大きな食べ物が挟まっている感じとしか言えない。
歯茎の裏側には金属のブリッジ。
異物が口の中にある。
舌が猛烈に抗議している。
眼鏡堂氏が書いていたが口の中の王様は舌、歯や歯茎は家来なのだと言う。
その王様のご機嫌が悪い。
医師が言う。
いずれ慣れる。
慣れなくても慣らすしかありません。


現段階では義歯がなくても不自由はしていなかった。
でも、放っておくと生き残ってる歯に大きな負担をかける。
加えてここ数年、奥歯で噛めるのは右だけだった。
これでは身体のバランスが悪い。
これ以上、歯を失うと口元が老人っぽくなるという。
義歯(部分入れ歯)は不可避だった。


帰宅して入れ歯のまま朝食を食べる。
慣れていないので違和感があるが食べられる。
両方でしっかりと噛める。
食後は外して洗浄しなければいけない。
でも、必要なら覚悟しよう。



…沖縄のうるま市で開催中の高校総体インターハイ)のサッカー。
去年、準優勝の米子北がベスト8入り。
今日、3回戦で優勝候補の流経大柏(千葉)を2-1で破る。
開始早々、昌子元(しょうじ げん)の直接フリーキックが決まったらしい。
速報は現地に応援に行っている父兄から送られるメール。
見に行くよりドキドキする。


写真:米子北高サッカー部HPより。



…ニュースデスク3連投の初日。
オリックスがT岡田の2連発で西武に勝つ。
T岡田、あの2010年の若者とは思えないデコっぱち面が好印象。