10/9/2 Tokyo Sky Tree 発見?


7時前から走り始める。
宿から直近の「ケルンの眺め」ポイントを過ぎ隅田川テラスに出る。
アイバーチェーンの清洲橋、いつ見ても優美なフォルムに魅入ってしまう。
大阪の市内の川にもこんな橋があったらいいな。
ジョギング通勤の人たちとすれ違う。
時間帯のせいか、単純にジョグ通勤が増えたのか。

  


3月は涼しかったので(いや寒かった)清洲橋から築地まで走った。
http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20100312/1268354448
今日は暑いので永代橋への往復のショートコース。
先月に半藤一利『15歳の東京大空襲』を読んだ。
ちょうどこのあたりから上流の浅草上野方面。
炎に焼かれ飛び込んだ数万の犠牲者で川面は埋まったという。


永代橋から清洲橋に向かって左岸を戻る。
前方に、あれ? もしかして…。
清洲橋の向こうにどーんと突っ立っているのは?
東京スカイツリー
こっから見えるんだ。
前に何度もこのコースは走っているはず。
初めて見た。
デカイなあ。
ロケットのようでもあり、新興宗教のシンボルだと言われればそうかもしれないと思う。
WEBで調べると現在398m、ほぼ400。
まだ半分くらいの高さらしい。


今年の3月に走った時は気がつかなかった。
去年3月に撮った同じようなアングルの写真がある。

  



…宿でコンビニおにぎりの朝食。
この3泊4日は食事においては昨日の飲み会を覗き低調だった。
なんだか積極的に美味しいものを食べようと思わなかったせいか。


チェックアウト。
駅までの道を歩いていると、ふと気がつく。


 入れ歯忘レタ!


速攻でホテルへ戻る。
事なきを得る。
入れ歯クン、つきあい始めて一ヶ月ちょっと、まだ君とはいい関係が結べていないのかな。
この出張、松本で忘れ、東京で忘れた。
美ヶ原の山小屋では松本に忘れたままだったので忘れようがない。
忘れ率100%!


東京もやっぱり暑い。
とっとと暑い関西へ帰ることにする。
早めに帰宅して荷ほどきして撮影した映像をチェックして明日からの仕事に備えよう。
準備は早めに!
もう、若くないから。


急ぐわけでもないので空いている「ひかり」の自由席。
Numberの最新号「アスリートの本棚」を読みながら帰阪する。


…4日ぶりの自宅。
ヒロが怒濤のように留守中の出来事を話す。
半分くらいは米子北サッカー部のこと。
天皇杯本選、最初の相手のレノファ山口は強敵らしい。
勝てば日曜日は湘南ベルマーレ戦。
応援に行きたいと言う。
平塚!
日曜は僕もオフだけど…。
タカ君のラストシーズン、とことんつき合ってやるかと思う。
(と言いながら自分も楽しんでますが)


…夕食は冷やし素麺。
阪神戦中継、代打桧山大仕事!
続いて録画した『龍馬伝』を見る。
「侍 長次郎」自刃に倒れる。
密航は切腹するほどの罪だったのか…。
丼さんもブログに書いてたが長崎奉行での龍馬の肝のすわり方は圧巻。
遺影と酒を酌み交わすシーンでは落涙寸前。
今まで志し半ばで倒れた志士の中でも長次郎は特別な存在だった。


80年代から90年代、ツールで活躍したローラン・フィニヨンの訃報に触れる。
ベルナール・イノーやグレッグ・レモンのライバルとして記憶にある。
地元フランス期待の選手だったがNHKの総集編ではレモンらの敵役として扱われていた。
享年50、また自分より若い人が人生を終えた。


さあ9月、溜まっていたものをさっぱりと解消したい。
リセットの月にしようと、漠然と、思う。


眼鏡堂氏から早稲田松竹の情報をもらう。
9月末から10月に「尾道三部作」一挙上映。
10/2からはテオ・アンゲロプロスユリシーズの瞳』『霧の中の風景
どちらも素晴らしい!
10/16からはジョニー・トーの2本立て。
10/30からは『千年女優』の今敏追悼3本立て。
みんな観たい。
でも東京…! でも早稲田…!