2004/9/10 入院12日目

(県立西宮病院1110)
入院12日目。
午前7:20 今日もしっかりと眠れたことに感謝。外は小雨が降り始めたらしい。プロ野球選手会はストを回避できない状態になっているという。古田は選手会に試合によく頑張っているなあ。
甲子園でも古田コールが起こっていたそうな。イチローは昨日1安打で記録更新まで30とした。
高津は17セーブ。昨日は日記をアップしていたのでDVD劇場はお休み。
眠前の血糖は300近くと高かった。血圧はこのところ低いくらいなのだ。だいたい上が100前後で下が60前後、どうしちゃったんだろ?

…午後0:06 午前中は残りの日記を更新して9時から売店でトマトジュースを買い飲んで西宮駅スターバックスへ行く。カードに2000円チャージする。珈琲をボトルに買う。ショートサイズしか入らない小さなボトル、もう少し大きいのが欲しいのだが珈琲をそんなに飲んでも体に良くないだろう。コンビニでナンバーのアテネ特集を買う。帰ってきて小一時間ほど本を読み、眠くなったのでベッドで横になるとすぐに血糖値測定の時間、3日前くらいから自分でするようになった。小さな針で指の先を刺して血を絞り出すのだ。今にインシュリンも自分で打つようになるのかな。血糖値は200台、この昼食前が一日で一番高いのだ。昨日は寝る前が高かったけれど。

…今日は目がちょっとおかしい。見にくくなったというか、眼鏡がまったく合わないのだ。
眼鏡をかけるより裸眼の方がちゃんと見えるような。視力が戻りつつあるのか、悪化しているのかわからない、ちょっと不安でもある。
いつものパソコン用の眼鏡の焦点距離が遠くなったような気がする。近いところが呆けてきて、
1メートル以上のところにフォーカスが合うのだ。どういうこと?

…カレー饂飩と白飯、うどんと稲荷寿司、ざる蕎麦とカツ丼、はいからうどんと牛丼ミニ、
焼きそば弁当ラーメンライス、ラーメンと焼き飯…。
栄養士が血糖値をあげる元凶ですと言ったメニューだ。みーんな大好物。
これがダメだったのだ。カロリーが高いわけではない。問題は炭水化物オンリーで、これが血糖値を上げる元凶だったのだ。脂がしたたるステーキや焼き肉を食べるより、こっちの方を好んでいたからなあ。糖尿病対策のちゃんとした食事は肉、魚、野菜 それとご飯やパンなのである。
焼き飯も好きだけど同じ理由で好ましくない。それなら豚肉の生姜焼きにご飯少々の方がいい。
とにかく、手っ取り早くエネルギーになる食品は良くないということ。ご飯やうどんより悪いのは砂糖たっぷりのデザート、清涼飲料水、アルコールだそうだ。食べてはダメというわけではないが。要はちゃんとした食事が一番大事というわけ。それを食べていれば多少カロリーが高くても脳のコンピューターがうまく働いてインシュリン分泌もコントロールしてくれるらしい。

セルジオ上野が見舞いに来てくれる。小野博通の「サーロインステーキ症候群」(阪急の古本屋で探してきてくれた)と中島らも「異人伝」を持ってきてくれる。ヒロと3人でデイルームで
六甲の山並みを見ながら歓談。東北の温泉の話などする。

…午後8:24 ヒロに焼いてもらった「BSアニメ夜話」の「銀河鉄道」と「カリオストロ」を観てしまう。なかなかマニアックで面白い。観てるうちに吉田正男が見舞いに来る。社長の監督作品の「化粧師」と「精霊流し」のDVDを置いていく。これで結構DVDが溜まってしまった。
アニメ夜話」の「あしたのジョー」はこの次にしよう。
夕食前の血糖値151。

…今、インシュリン注射して膵臓の負担を軽くしている段階だと考えればいい。
この期間で膵臓を休めてあげて機能の回復を待つ。僕の血糖をあげる元凶は中性脂肪から出る
悪いホルモン、この力を弱めるためには体重を落とさなければいけない。