2004/9/30 血糖値56!


起床7:40 朝、寝起きになーんか手がしびれて力が入らないなあと思って
低血糖か?」と計測すると83と低めだが60台ということはなかった。
朝一でトイレに入る。日刊スポーツの一面は長嶋氏とナベツネの2ショット、読売感じ悪いという演出。
演出自体も最悪で悪趣味。日刊スポーツもこんなの一面にするなよなあ。
ちょっとだけ便通がある。体重を測ると73.55、ええ?
また増えている。これで退院してから測り始めて5日連続で増え続けている。
25日が72.70だったのでまだ1キロ増えたわけではないがちょっと食べ過ぎなのかなあ、
血糖値は悪くないから糖尿病にとってはオーバーカロリーというわけではないのだろう。
でも、標準体重に近づけて中性脂肪を減らさないと最終的な治療にはならないから減ってくれないと困る。
ま、一日の間で1キロくらいは増減することもあるから長い目で見よう。


…午後10:40 3日ぶりに走る。風が強い日。Jog&Walkで湾岸の周回コースを50分ほど。
昼からヒロと伊丹へ映画の二本立て、寺嶋チケットで行く。伊丹TOHOプレックスは3日連続。
到着してトイレで血糖値を測ると何とビックリ56! 
低血糖かとあわてておにぎりとチョコレートを食べる。
血糖値を知ってから何だか手足が震えるような感じがする。
たぶん、気のせいだろうけど。これで56くらいまでは低血糖症状が出ないのだ。
これは反対に怖いのかも…?
映画はシャマランの「ヴィレッジ」、なかなか良くできた映画、ちゃんと作り込んでいる作品。
あのシャマラン作品独特の怖がらせ方の本領発揮、盲目のヒロインが魅力的だった。
アイルランドの田舎にいそうな娘で負けん気が強くて勇気がある。
あとで調べたら「アポロ13」や「ビューティフル・マインド」の監督ロン・ハワードの娘だそうだ。
ブライス・ダラス・ハワードという女優さん、注目です。
2本目は「バイオハザード2-アポカリプス」
B級と言えばB級だがごちゃごちゃ理屈をこねないテンポの良さ、面白さがある。
始めから終わりまで息つく暇なしのジェットコースタームービー、ミラ・ジョボビッチ
もう一人のヒロイン女刑事の女優が良かった。
ゲームのキャラクターにそっくりにしているのだろう。
ショートカットでミニスカートのオタク好みの何処かで見たキャラクターだ。
シエンナ・ギロリーという女優。僕としては「バイオハザード」第一作よりも数段面白かった。
アクションシーンはちょっとアップを多用し過ぎてちょっと安っぽかったが
そこはB級、B級なりの楽しみ満載です。
そういえば「ヴィレッジ」では村の住人の一人をシガニー・ウィーバーが演じている。
森に怪物が住むという話でシガニー・ウィーバーも恐れおののいているのだが、
「エイリアン」のイメージが強いので何だか違和感がある。
お前、本当は強いんだろ、両手にライフルかロケット砲でも持って「化け物ども
、みんなまとめてかかって来なさい!」なんて感じで単身、
森へ怪物退治に行くマッチョなイメージの方がよく似合う。


…伊丹のモールでバーゲンしていた「低反発まくら」を買う。¥3900だった。
以前は1万以上したが最近は安くなったと嫁が言う。
嫁は通販生活で買ったイタリア製の高級枕を使っている。
肩こりがなくなったそうな。