2010/11/14 Russia regain crown, Japan take bronze

曇り空、今朝も5キロ走る。
夙川公園の紅葉がまたワンステップ進んでいる。
ちょっと厚着して走ったので汗をかく。
体重72.90キロ、追い風参考記録


今日はニュースデスクと駅伝の企画VTRの編集の兼務。
F島クンといっしょにラッシュを見る。
半分ほどはディレクター撮影のいわゆるデジ素材。
最新のHDD録画のカメラと古いテープ録画のカメラとでは画質にかなり差がある。
キャノンのIvisの画質は優秀だと思う。


久々に関西発信のニュースあり。
社会人野球決勝@京セラドームとガンバ大阪vsサンフレ広島@万博。
トヨタ自動車JR九州を倒し優勝、決勝打は元阪神の的場のホームラン。
ガンバ戦は結局ボツになる。
スポーツ満載の日曜日だもんな。
石川遼がVISAマスターズに優勝、スケートアメリカで高橋が優勝、織田が2位。


驚いたのがバレーボール世界選手権3位決定戦。
日本がフルセットの激闘を制してアメリカを下す。
FIVBのニュースサイトには「Upset」の見出し。


今日は日立顔の江畑を早々にひっこめて石田を起用。
彼女はどちらかといえばユニチカ顔。
鬼監督に叱られながらビシビシ鍛えられていそうな雰囲気がある。


日本はいつものように主催者特権もあったが予想以上の結果だろう。
2006年の前回も日本開催、条件は同じだったが3位にはなれなかった。
真鍋監督は就任の時、不信任問題で一悶着あったのに結果を出した。
当然手腕も讃えられるべきだが、ラッキーだったと思う。
何しろ木村沙織が全盛期、加えて10年以上代表でやってる竹下が円熟期。
木村なくして銅メダルはあり得なかった。

 
さあ、Vプレミア東レ対JTを見に行こう!
12月11日、滋賀県立体育館だ。
木村も竹下も荒木も山本も迫田も中道もキム・ヨンギョンもバルボッサも見られます。


決勝のブラジルvsロシア。
フルセットの激戦、勝ったのはまたしても、のっぼのロシアンドール
ブラジルは三たび決勝でロシアに敗れる。
バレーも相性があるからな。
ブラジルはロシアに弱く、ロシアはアメリカに弱く、アメリカはブラジルに弱い。
そんな気がする。


帰宅したのが24時過ぎ。
ヒロとバレーボールの録画を見ていたらあっというまに1時過ぎになる。
明日も編集、朝は早い。