2011/10/2 やれることをやろう

薄手の羽毛布団では寒いくらいの朝。
明日からは普通の羽毛布団にしよ、とヒロが言う。
涼しいけど午前中にプールへ行く。
7月末に買った11回分の回数券の使用期限が迫っているのだ。
あと3回分残っている。
6日は再上京するので、その3回分を残り4日で使わねば無駄になる。
高齢者に混じって小一時間ほど水中運動する。
香櫨園浜にユリカモメの姿がちらほらと。
ことしも北国からやってきたんだね。


…9月を振り返る。
二度の台風通過があった。
いつまでも暑いなあ、とボヤいてたら滝が落ちるように涼しくなった。
最近は春と秋が短い。
9月後半はいろんな出来事が勃発して脳内が嵐のようだった。
いつまでも人生ぬるま湯ではいられない、というのはわかってましたが…。
(奥歯にものの挟まった書き方ですみません。日記ゆえ今はご容赦ください。)
悪いことばかりでもないのだけど、重なるときは重なるもので。
まいった。


月初めに「8月のアウト」を列記した。
http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20110901/1314852931


   八月のアウト、その中身は…。
   ・毎朝運動するという習慣を欠く。 
   ・一日も体重計にのっていない。
   ・食事メモをつけない。
   ・支出メモをつけない。
   ・CNNニュースのPodcastを聴いていない。
   ・BBCの6minutes Englishを聴いていない。
   ・運動前後のストレッチをサボる。
   ・運動前後の腕立て伏せ、上体起こし(フッキン)をサボる。
   ・飲酒(いわゆる勝敗)にまったく無自覚。
   ・一日の摂取カロリーにまったく無自覚。
   ・好んで(もともと好きなので)揚げ物を食べる。
                       などなど。


9月はいくつのアウトを解消出来たか?
あるいは新たにいくつのアウトを宣告されたか?


   少なからず改善が見られたもの
   ・食事メモ、支出メモは毎日欠かさずつけた。
   ・体重も外泊以外は毎日計測し記録した。

   
この2点のみ。
その他は反省の色見えず。
何らかのアルコール摂取は常態となる。
飲まなかった日は7日、いわゆる7勝、で23敗。
運動したのは(ハードな取材活動も含めて)15日のみ。
今月はほぼ半分が東京で、戻ってもおそらく多忙な日々が続く。
10月30日の大阪マラソン本番終わりまでは気が抜けない。


今は、ちょっと、どこか震災直後のような精神状態。
あの時は周りも同じように心神衰弱してたけど今回は違う。
でも、当時心がけたことを思いだそう。
「できることをやろう」
立ち尽くすのはやめよう。
平常心で普通に暮らそう。
11月、時が来れば全てが好転して、思わぬご褒美があるかもしれない。


…今日はニュースデスク勤務。
阪神戦、オリックス戦、ガンバ戦あり。
阪神負け、オリックス負け、ガンバ勝ち、でした。
試合の合間にも処理案件が多くてバタバタとして時を忘れる。
終業は夜10時前になる。


今日も飲まなかった。
冷える夜、駅構内のコンビニで『Rummy(ラミー)』を探す。
ラミーやバッカスは冬物なんだろうな、まだ売ってなかった。
  去年12月に書いた『洋酒入りのショコラ』
  http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20101217/1292513779
ロッテのWEBページを調べると今年は10/4発売でした。


コンビニで『岳』の最新刊と週刊文春を買う。
小林翁のコラムを久々に読む。
ふむふむ「《映画は女優で観る》という法則」か。
小林翁を観る気にさせる女優は、長澤まさみ仲里依紗、確か堀北真希もそうだったのでは。
このコラムには菊地凛子満島ひかりの名前も出ている。
僕は、うーん、思いついたままに挙げると…、
蒼井優、多部美華子、綾瀬はるか夏川結衣、それから尾野真千子かな。
実際にそれだけで映画を観ることはないけど、出てたら観たいと思う。
折しも、この週刊文春の原色美女図鑑はオノマチでした。
テレビ小説『カーネーション』も今日から始まる。
外国ではダイアン・レイン、マリオン・コディアール、メラニー・ロランかな。


ああ、映画もご無沙汰だ。
最近、映画館に行ったのはいつだったか。
7/22に原田芳雄の遺作『大鹿村騒動記』を観たのが最後か。
2ヶ月以上の空白。
『人生ここにあり』『アザーガイズ』『コクリコ坂から』『海洋天堂』などなど。
観たかった映画を捕まえ損ねる。
特に理由はない。
残念だ。