2011/10/5 ひとつ深呼吸

今にも雨が降りそうな朝、自転車に乗ってプールへ行く。
1回分だけ回数券が残っていて、期限は10/11で、僕は明日から11泊で出張なのだ。
帰り道、本降りの雨の中、濡れネズミになって帰宅する。


英国製の折りたたみ自転車ブロンプトンのプロモーション用の動画がFBに投稿されていた。
開発者のアンドリュー・リッチー氏を初めて見た。
「Engineered in Britain」の文字が誇らしい。
ある種、無骨だが、しっかりといい仕事をしてくれる道具。
  


…ニュースデスク勤務。
大阪マラソンの企画VTRの打合せで編集の方針を決める。
神戸の父子をインタビューすれば追加取材はなし。
さあ、仕事は体操中継に専心しよう。


A部さんと珈琲ブレイク、いろいろと話をする。
人は他人に話すという行為で固まっていたものが融解することがある。
ある種のソリューションが自然発生的に生まれていることもある。
タクシーで深夜帰宅後、広島の義姉よりEメールあり。
人は人に支えられている。
明日の朝、上京する。
11泊12日。
睡眠時間が6時間とれた日は朝走ろうと思う。
ひとつ深呼吸。


ブックマークしているブログ『琥珀色の戯言』にある言葉が紹介してあった。
作家の森博嗣さんが書いていたことらしい。 


   経験できるのは、僅かに自分の人生一回だけだ。
   他人の人生も、自分の別の人生も、無理。
   人生経験が豊かな人というのは、基本的に嘘である。


50代、自分の人生を覚悟して、そしてしずかに受け入れて、
威風堂々と歩くのだ。