2011/10/7 Day1

iPhoneのアラームを6時50分にセットするが6時過ぎに起きてしまう。
睡眠時間は6時間だが、横になっていただけでよく眠れていない。
まず今日を乗り切ることだけを考えよう。


清澄白河を7:54発の大江戸線、大門から座ることが出来た。
快晴の千駄ヶ谷、8:25 に東京体育館のTVコンパウンド入り。
技術打ち合わせから長い一日が始まる。
今日から女子予選、オリンピックの時も体力的に一番キツイのが予選だった。
とにかく朝から晩までずーと中継車に出たり入ったりの一日なのだ。
弱音は吐きたかないけど、今日だけは言わせて、五十代半ばには酷な業務です。
たとえば縦走登山するより、フルマラソンを走るより身体を酷使している感覚がある。
たぶん、精神的な緊張感なのだろう。
ま、僕らの世代、もっとシリアスな境遇で働いている人は多い。
楽しい仕事をしてる、と言われればごもっともなのだ。
だから今日だけ。
清澄白河の庵に帰ってきたのは今日も日付変更線を越えてから。
同じパターンがあと3日続く。


昨日、ケータリングサービスがなくなったと書いたが今日からありました。
朝昼兼用で食べたのはコレ、美味しいです。


国際信号中継車は3台、僕はこの車です。


ケータリングサービス、夜のメニューはタコライスとハヤシライスから選べます。


…今日は1円も使わなかった。
お酒も飲むヒマなしですからね。
ヒロがチェロ奏者のミーシャ・マイスキーを一人で聴きに行ったらしい。
西宮の県立芸文センター、僕の分と2枚チケットを買ってたのだが…。
コンサートを大盛り上がりで、なんと7回もアンコールになったそうな。

YouTubeで探す。
長かった一日の最後にバッハのガボットを。