2011/10/21 胸にしみる秋の青空

ロードレーサーでいつもの湾岸15キロコース(西宮浜〜南芦屋浜)を走る。
まだ緑を保っている六甲の山とメタリックブルーに輝く海の色合いがいい。
自慢のジョギング&サイクリングコースだ。


このコースの途中に西宮浜から芦屋浜へ渡る橋があってかなりの急登になっている。
今日、その上り坂でママチャリに軽く抜かれた。
ぐわっと激しくショックを受けたがよくよく見ると電動アシスト付き自転車だった。
でも、ロードレーサーを抜かなくても、と思う。
最近、ちょっとしたことでも傷つきやすいのだ。
透み切った青空を見上げてサトーハチローの名詩を口ずさむ。
胸にしみる空の輝き きょうも遠く眺め 涙を流す。


…ちょっと前に読んだブログ記事。
格差デモが国際的に拡大、経済格差というのはこれまで国と国の間に存在していた。
今はどうなのか? 
これがグローバリゼーションということなのです。
インド人団体のイタリア観光旅行か。
読んでなるほどと思う。
やっぱり現地へ行って生で感じるというのは大事なことなのだ。
Chikirinの日記『「先進国生まれ」という既得権益を守るためのデモ』
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20111018


  これまで、格差は「国と国の間」にありました。
  それは南北問題とも呼ばれていました。
  けれど今、「国と国の格差」は急速に縮小しつつあり、
  「個人と個人の格差」に置き換えられようとしています。


  経済のグローバル化は、世界における「先進国と発展途上国」という境界線を無くし、
  代わりに別の境界線を引こうとしています。
  これにより「先進国の市民という既得権益」もしくは「先進国生まれという既得権益」を
  剥奪されそうになった人たちが、世界中で抵抗を始めているのです。
  デモをする人たちはいったい、誰と誰が平等になる世界を夢見ているのでしょう?


こういう見方も出来る。
たぶん、正しい。


…今日は午後から会社で明日の編集の準備作業。
昼ご飯は久々のインディアンカレー@堂島。
夜は今月初のソト飲みをA部さんと行く。
福島の『森ん家』で日本酒の古酒と秋のキノコ類を堪能。

続いて酒豪Nさんも合流し福島駅前のイタリアンバル(名前失念)で飲む。
調子に乗ってちょっと飲み過ぎた。