2011/11/13 半径300m以内の野生

ジョギング中に撮ったショット。
どこかナショグラ(National Geographic)っぽい写真だと思いません?
ニコンD40で撮れば良かった。
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/index.shtml

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目覚めたとき、口が閉じたままだった。
そう、口呼吸防止用の『ネルネル』と鼻腔拡大用『ブリーズライト』で寝たのだ。
口の中が乾いてない、口の中が苦くない、鼻も詰まってない。
寝てる間に無意識に外してしまうかも、と思っていた『ネルネル』はそのまま口を閉ざしていた。
大口開けていた僕が鼻呼吸ですこやかに眠ったのだろうか?
ネルネル、いいかもしれない。


少なくとも寝起きに口の中がホコリだらけで苦いという不快は消えた。
先ずは“ネルネル&ブリーズライト作戦”の滑り出し成功だ。


次は何がアレルギー源なのかを知ること。
月曜に採血した血液検査の結果がまもなく出る。
「その咳、どないかしたら?」
ぜんそく違うの?」
「ちょっとヤバイですよ」
ヒロや周りの人に数年言われ続けてきた。
僕の咳で夜中に起こされたヒロは迷惑だったろう。
正体不明の咳。
おそらくアレルギー性の「咳ぜんそく」、原因の一つはハウスダストを吸い込む口呼吸。
ようやく解決の糸口が見えてきた。


もう一つ。
“秘技40年殺し”で負った左肘の手術。
早い方がいいとは言うが時期を決断できない。
肘にメスを入れるのだから術後しばらくは固定するのだろう。
幸いにも利き腕じゃないけど仕事的にはDL入り。
それが2週間か、3週間か。
どうせヒマじゃん。
天の声が聞こえてくる。


2011年、かくもプチ不幸、いやプチ試練が続くのか。
プチでも打たれ続けるとダウンするのだよ。
足腰も弱くなってるし。


…冒頭の写真と同じく今朝のジョギング中のショット。


向こう岸は埋め立てした西宮浜、ゴミ処理場です。
コンパクトデジカメの望遠ではこれが限度か。


タイトルは「老境」、夙川沿いの桜並木です。



…ニュースデスク、関西はニュースなしの無風勤務。
西宮駅前の京風おでん『万(ばん)』に寄ってダシ茶漬けを食べる。
日本シリーズは吉見vs杉内のひりひりするような投手戦。
テレ東系で地上波OA、ノムさんの解説が投手戦にハマる。
ノムさんもこういう試合を解説するのが楽しくて仕方ないのが伝わってくる。
CM入り、実況アナが締めてもついしゃべってしまう。
ノムさん曰く、「日本シリーズはキャッチャーの戦いですね」
続いてワールドカップバレー。
ブラジルどうした?
僕は江畑幸子の耳に萌えます。
フィギュアスケートエキシビションも見る。
ペア金メダルの高橋成美&マーヴィン・トランの「I Will Survive 」がいい。
ちびっこ高橋(19歳)が爆発的に、いや狂ったように踊りまくるシークエンスに圧倒された。


人気のショーナンバーらしく観客がアンコールをすると再び踊りまくる。
海外の観客にとっては僕らが芦田愛菜を見るような感覚なのだろう。
動画では2分過ぎのダンスが凄くて笑っちゃいます。