2011/11/22 音楽の時間

3時間目は音楽、ジャズ観賞の時間です。
山中千尋トリオ@ビルボード大阪
A木とカジュアルシートでピアノトリオを聞きました。
入り口で山中千尋ライブの素晴らしさを紹介してもらったM田さんにお会いしました。
今夜のライブも全力疾走、チヒロちゃん大暴れでしたね。


彼女のライブ、実はこの2年で3度目。
3度とも同じビルボード大阪でのステージです。
過去2回のレポートです。
http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20090906/1252208512
http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20101201/1291166088


今回も躍動する背中を見つめるという同じアングルから90分見つめました。
過去2回は大きく背中の空いたコスチュームでしたが今回は隠してました。


ピアノを弾く山中千尋の見ているとバレーボールの竹下佳江を思い出す。
前にもどこかで書いたけど竹下を生で見ると笑ってしまう。
あの150センチ台の小さな身体で、あちらと思えば、またこちら、レシーブに、トスに、つなぎに、とコートを四方八方飛び回る。
まさに大暴れ。
山中千尋もそんな感じ。
鍵盤の低音から高音までを激しく自在に弾く様に初めて見たA木がぼそっと、凄いですね、と囁く。


いつもしとやかに、ひっそりと弾き始めるが、終わってみれば呼吸荒く、心拍数200越え、汗だく、になっている。


彼女の十八番『八木節』です。



美術、体育、そして音楽の贅沢なレッスン修了。
新梅田食道街でA木と少し飲んで阪急電車で帰宅する。