2011/12/6 芦屋浜冬景

灰色の冬空が水路に映る。
寒い国から渡ってきた鳥と地元の鳥が微妙な距離をあけて羽を休めている。
散歩しの老人も家に帰ると熱い飲みもので身体を温めるのだ。


「半径300m以内の野生」シリーズ。
前にアップした恐竜顔の川鵜(カワウ)が泳ぐ。
こういう姿を見ると鵜飼いのウですね。
僕が近づいて行ったら奴はビビって川へ飛びこんだんだ。
で、ビビったのが恥ずかしかったのだろう。
奴はカルガモの夫婦をオラオラオラっと蹴散らし、翼を広げて威嚇するのであった。


冒頭に貼った冬景色の写真はヒートテックのCMのイメージです。
そう、ユニクロヒートテックのCMシリーズ。
ノーナレーション。
青を基調にした冬らしい映像と、インタビューと、ノイズで構成されている。


造船所で働く男「風が吹きっさらしやき」
方言がいい。


最新の一編は母と子の“はじめての自転車”
最後の「乗れとるよね?」「乗れとるよ」がいい。



…昨日、新生銀行の口座の出入金明細をダウンロードした。
今さらながら経済状態がかなりキツくなってきている。
とにかく、今できることは支出を出来るだけ減らすこと。
収入が大幅減となって3年目、ここにきてじわじわと首を絞めてきている。
放蕩ライク大手製紙会社?
粉飾決算ライク世界的光学メーカー?
いやいや、話は単純だ。
インプット半減、アウトプット現状維持、あるいは特殊事情による増加。
日頃、仕事がなくなったら1年くらい働かない、それくらいは何とかなる、と豪語していた。
あこがれの貧乏型のセミ・リタイア。
それも無理かも知れない。
いや、今となっては無理。