2011/12/8 あげぽよ〜!

1941年の今日、対米英戦争が始まった。
あれから70年が経つのか。
と、まるでその時に生きていたような書き方をしてみる。


今日は朝から晩まで仕事。
プロ野球12球団によるオールスタースポーツフェスティバル。
久しぶりの慣れない仕事、前に関わったのは10年以上前のような気がする。
オリラジ、ちゃら男、あげぽよ〜、あやまんジャパン、ぽいぽいぽびー。
何が起きているのかわからないままディレクターをやりました。
現場があの感じなら編集すれば盛り上がってるように見えるはず。
そのあたりの感触は経験でわかる。
でも、疲れました。
昭和は遠くなりにけり。



夕方から客入れして本番が始まると意外にヒマ。
ステージの袖からイベントを見守る。
沢村って思ったよりデカいな。
千葉ロッテの岡田って顔長いな。
あ、○○って柔道の内柴に似てない?


70年前の今日、早朝6時にNHKラジオが伝えた。
「臨時ニュースを申し上げます。
   帝国陸海軍は今八日未明、西太平洋において米英軍と戦闘状態に入れり。」
球団対抗のリレーや馬跳びをする選手を見ながらまったく別のことを考えていた。
こいつら屈強な兵士になるんだろうな。
アメリカ兵に引けをとらない体格だ。
大卒の沢村や斉藤は青年将校だ。
前線の小隊を任されるんだろう。
鳥谷や島は飛行機乗りの少尉だ。
田中や前田健太や平田は一兵卒で、すでに歴戦の猛者だ。
でも、軍令部が愚かな作戦を強行し続けみんな死んじゃうだろうな。
これは職業野球選手会主催出征選手壮行式なのだ。
と、会場で誰一人考えてないことを想像してみる。
思えばハンカチ世代は昭和生まれの最後のプロ野球選手なのだ。
映画や小説やノンフィクションで今日12月8日の描写を見聞きするたびに
真珠湾攻撃の勝利は悲惨な結末への導火線に火をつけたのだと改めて知る。
あんまり仕事してないのに疲れた。
昼と夜としっかりロケ弁を食べたのに帰りがけに吉野家に寄る。
もう僕は戦争へ行かなくてもいい。
あげぽよ〜!