2011/12/15 STORMY WITH LUV 1979

ことし44回目のライブへ行った。
サリナ・ジョーンズ with Friends@兵庫県芸術文化センター。
おなじみ芸文センター中ホール、いつものように自転車でコンサートです。


芸文センター前は通常の青色LEDの他にクリスマスツリーが灯ってました。
でも、クリスマスツリーはちゃんと写ってませんね。


サリナ・ジョーンズ、1944年生まれのジャズ歌手。
僕にとって忘れがたいアルバムがある。
『Stormy with Luv 』というタイトル、1979年発売のLPアルバムだ。
きっかけは何だったか忘れてしまった。
友人に勧められたか雑誌のレビューを見たか、だ。
貧乏な学生時代のことだから新譜を買うのはそれなりの決意があったのだと思う。
このアルバムは当たりだった。
レコード盤が擦り切れるほど聞いた、という物言いがあるが、
A面B面と毎日10回以上、擦り切れるほど聞いたおそらく最後のLP盤だ。
丁寧に扱い、寝る前には必ずジャケットに収めた。
今もその時のレコード盤独特の樹脂の匂いを思い出す。
そのレコードは今も手元にあるがCDとして再発売された時に買い直した。


コアなジャズヴォーカルアルバムではない。
今見ると、あの懐かしの名曲、と思うかも知れない。
ビリー・ジョエルポール・マッカートニーキャロル・キングレオン・ラッセル、ブレッド……。
1979年の時点では、つい数年前のヒット曲、コンテンポラリーなラインナップだと思う。
(もちろん当時からしても10年近く前の曲もあるがこの年齢になって思えば、たかが10年!)

たまにそんな巡り合わせがあるが10曲とも全部好きである。
フルコーラスまでは自信がないが今でも英語の歌詞を口ずさむことが出来る。



  ※コンサートの模様は追って書きます。



…コンサートの前、午後イチで台所のコンロを交換工事が入る。
おそらくこのマンションが出来た1986年からずーっとそのままだったガスコンロ。
ざっと25年、僕らが入居した1998年から数えても13年以上使ってた。
ビルドインでガスオーブンまでついていて重宝したけどそこら中にガタがきていた。

先月、管理会社に電話して同じサイズのビルドインタイプのコンロを新しく入れてもらうことになった。
業者の作業スタッフが一人でやって来て3時間くらいで交換してくれた。
ぴかぴかのガスコンロ、使い方の説明を聞く。
2口から3口になり、各口にタイマーがつき、油の温度設定可能。
ヒロがすごく嬉しそうで良かった良かった。
明日はキッチンの照明器具の交換工事がある。