2012/1/30 ギプスからシーネに

今日、ギプスから開放された。
21日に手術してから固定されていた左肘が10日ぶりに自由になった。
永田整形外科のナースステーションの片隅でギプスを切ってもらう。
円盤状の電動カッターで切るのだが腕もいっしょに切られるのではないかと恐ろしい。
ノコギリが高速回転しているわけではなく振動で切るのだそう。
(そんなことが出来るのですね)
固い物は切れるが皮膚のような柔らかい物は切れません、
と言われて安心するものの…何度も皮膚に当たる。
分かってはいるが刃に触れるとかなり熱いのだ。
高校生当時、石膏ギブスをとる際にカッターで皮膚を切られたことを思い出した。
           

これで完全に自由になるのかと思ったが違った。
ギプスを縦割りにした半分を包帯で巻いてさらに一週間とのこと。
これをシーネ固定(ギプスシャーレ)というらしい。


続いてリハビリ開始。
低周波治療とマッサージを受ける。
握力測定は右が43キロ、左が33キロ。
孤軍奮闘の右の筋力はこの10日間でアップしている。
軽減したが指のしびれは残っている。
神経の回復には時間がかかるらしい。


記念にパチリ。刺激を抑えてモノクロームです。