2012/2/22 ドローレスとモーラ

今日はねこの日だ。
そして、去年クライストチャーチ地震が起こった日。
突然、カットアウトで消える命があることを思う。
平凡な一日に感謝、生きてるだけで儲けもの、健康ならなおラッキー、仲間がいてお金があればなおなお嬉し。
巡る季節の順番が変えられないようにこの優先順位は不動である。


今日は30分ジョッグ。
梅の開花は遅い。
それでも、ようやく紅いのもちらほら咲き始めた。



夙川に架かる“ランゲルハンス島の午後”の葭原橋の補強工事が始まった。
桜が咲く頃には化粧直しが終わるのだろうか。



…巡回しているブログで懐かしい名前に出会った。
音楽を中心に書いているブログで「UPSETTING! レゲエな日々」
断続的だけど僕は3年くらい前から読んでいる。
今回のエントリーは「ドロレス・ケーンの声に包まれて」
http://blog.livedoor.jp/blowmiles217/archives/51773716.html
アイルランドの女性シンガー ドロレス・ケーンのアンソロジー・ベストが出ていたという話。
僕も彼女のファンである。
ずっと聞き続けてるわけではないけど不意に聞きたくなるシンガーだ。
そういうミュージシャンっていますよね。


左がベスト盤、右が というグループのメインヴォーカルだった頃のアルバム。

Ballroom

Ballroom


DE DANNANのこの「ボールルーム」というアルバムをどこでどう入手したのかは定かではない。
ただ凄く気に入っていて武庫川団地に独居していた頃、鳴尾浜や甲子園浜を走りながら聞いた。
ジョギングを始めた頃だから1990年代の前半だろう。
もちろん iPod なんか無かったからCDをカセットテープに録音してウォークマンで聞いた。
「Teddy O'Neill」や「Sweet Forget-Me-Not」がお気に入りで何度もリピートして聞いた。
Forget-Me-Not は忘れな草の英名(通称名)でアラスカ州の州花だった。
アラスカにトレッキングに行った時、レンタカーのカーステレオでこの歌を聞いた。


目立つ美声ではないけど包容力のある母のような、かといって甘くはない声。
ブログに「涙腺の弱い人は、やめた方がいいかもしれない…。」とある。
この表現は当たっている。
まあ、ちょっと聞いてみて下さい。


「Sweet Forget-Me-Not」 わすれな草の歌です。
アイルランドの熟年歌姫たち。
左からモーラ・オコンネル、中央がドロレス・ケーン、右がフランシス・ブラック(メアリー・ブラックの妹)
レフティでブズーキ(バンジョー?)を弾くのはドーナル・ラニーだ。
You-Tubeで涙腺を刺激する歌声をどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=C2UZReQGNVI
    


「UPSETTING! レゲエな日々」の主がお薦めする一番の泣ける歌はこれです。
「Teddy O'Neill」 歌詞の意味がわからなくてもイントロだけで涙腺がゆるむ。

     

もちろん、全然泣けないよ って人も大勢いるのでしょうけど。
もちろん、僕も実際に泣きはしませんけど。
でも、なぜだろう。
心に響く。
シンプルなコード進行なのか、曲調なのか、声質なのか。
決して哀しい歌じゃないのにね。


ドロレス・ケーンが有名な「サリーガーデン」を歌っている。
http://www.youtube.com/watch?v=SyI0iKls9vw
でも、「サリーガーデン」なら「Sweet Forget-Me-Not」をいっしょに歌っていたモーラ・オコンネルが素晴らしい。
http://www.youtube.com/watch?v=C2UZReQGNVI
     


モーラ・オコンネルと言えば「愛の讃歌」が忘れがたい。
ドロレス・ケーンを聞いているのと同じ頃、彼女のアルバムも同じくらいの頻度で聴いていた。
その2番目に入っていたのが「愛の讃歌」の英語版 if you love me だった。
この英語版の歌詞やモーラの歌が好きで当時つくっていたドキュメンタリーの挿入曲として使わせてもらった。
谷川きよしバージョンと同じく原詩に忠実。
たとえ空から太陽が転がり落ちても、たとえ海の水が突然干上がっても、もし本当にあなたが私を愛してくれるなら、どうってことないわ
エディット・ピアフとも、越路吹雪とも、長谷川きよしとも違う不思議にさっぱりとした味わいがある。
「愛の讃歌」(if you love me) by Maura O'Connell
     

Just in Time

Just in Time


ドレーレスとモーラ小母さんにの歌はいつも泣きそうになる。


…今日はニュースデスク。
関西発はザックジャパンの堺での強化合宿のみ。
夜はU-23のマレーシア戦があり、日本が4-0で快勝する。
これでロンドンはほぼ決まり、と思わないことですね。
サッカーは何が起こるかわからない。
夜、また雨が降り始める。