2012/6/9 隣海景色

自宅から歩いて1分の海は夙川河口の香櫨園浜。(御前浜とも呼ばれる)
東隣の海は古い灯台のある今津浜、そして鳴尾川が海にそそぐ甲子園浜だ。
昼から自転車で甲子園浜へ行き、海沿いを40分ほどジョギングする。
いつもと違う景色を見て走るのは気分が変わって気持ちいい。
長距離のランナーの練習はローテーションでいくつかの異なるコースを走って飽きない工夫をする。
僕らのような松竹梅の梅以下のジョガーでも同じ。


ハマヒルガオ咲く砂浜、黄色いのは花じゃなく草、秋の草紅葉みたいだ。
背後には阪神高速湾岸線、鳴尾浜の埋め立て地へ渡る。
   



上の写真と反対方向、西へ向いて切り取った風景。
右に見えるアーチ橋は17年前の震災で落ちたが巨大なクレーンを使って架け直した。
甲子園浜はボードセーリングのメッカでもある。
   


海沿いの公園。
気持ちよさげな木陰のベンチ。
街中の公園みたいに寝転び防止の無粋な仕切りがないのがいい。
   



…朝食はパン。
明日はパンにしようか、そうしよう、パンはどうする? 朝、買ってくるよ、は昨日の会話。
自分が買いに行くことをすっかり忘れてた。
せかされて買いに行く。
自転車で5分ほどの芦屋浜の『グラン・マルシェ』。
フランス直輸入のグレインドールという冷凍ものを焼いたパン。
これが我が家の定番。
安くて美味しい。
大阪へ出れば『ペック』や『ポール』など本格的な食事パンはあるがそれなりに高い。


お目当てのトラディッショナルブレッド(399円)は焼きたてだった。
熱々で、店の人に「ちょっとお買い物されたら少し冷めますので」と言われた。
このパンだけを買いに来たのです、と言うと紙袋に入れてくれた。
本当にオーブンから出したばかりで触ると、熱! ってくらい熱々。
自転車の前かごに入れて風で冷ましながら帰る。
中は赤ちゃんのほっぺのようにやわらかく、表面はバリッと香ばしく美味。
副菜はチリビーンズとみかんジュースで食べる。


  



…夕方から陸上の日本選手権の素材送りの手伝いで出勤。
でも、本社スタッフはダブつき気味であまりやることがない。
iPadで自転車コミック『弱虫ペダル』を読む。
面白くて最終電車の一つ前で帰宅。
全仏テニス女子決勝はすでに終わっていた。
シャラポワが優勝、生涯グランドスラム達成だ。
17歳でウインブルドンを制したのは2004年、もう8年前になるのか。
あのときは日本のワイドショーでも取り上げていた。
思えば彼女の両親はチェルノブイリ事故でシベリアへ移住したのだった。
福島の双葉町飯舘村のようなところから避難したということか。
サッカーのユーロ2012も始まっている。
今日はオランダとデンマーク、ドイツとポルトガル
前回2008年、僕が印象に残ったチームはフース・ヒディング率いるロシアだった。
準決勝でスペインに敗れたが魅力的なチームだった。
ツール・ド・フランスウインブルドンロンドン五輪
真夏に向かってヨーロッパでスポーツイベントが続く。
本気で見てたら寝られないだろうな。