2012/7/3 鰊 鮪 鰤

けふはさかな。
朝ごはんに鰊(ニシン)、晩酌に鮪赤身(マグロ)と鰤の西京焼き(ブリ)を食す。
おっと、締めにも鮭といくらをいただきやした。


まずはブランチの主菜は「ニシンの和風ムニエル 醤油味」です。
梅雨時の旬はイワシなのだろうけど、ここ阪神間では珍しいことにスーパーで生のニシンが売られていたのだ。
三枚に下ろしてオリーブオイルで焼く。(僕じゃなくて嫁がさばいたのですが)
味醂、醤油で和風に味付けすると蒲焼きっぽい仕上がりになる。
ニシンは身がやわらかい。
      


英語でヘリングという。
鰯はサーディン、鯖はマクレル、鱈はコッド。
イギリスでフィッシュ&チップスを買うときに憶えました。
鱈は種類によってハドックとも呼んでた。
あとオヒョウがハリバット。
オヒョウのフィッシュフライは美味しかった。


雨の京都で半夏生の寺を特別拝観したあと、いつもの店で早めの晩酌。
良質のタンパク質をいただきます。
『屋号 大星(やごう おおぼし)』という吟醸酒に鮪の赤身を合わせる。
この店の刺身は大きい。
食べやすいように小さめに切ってもらう。
真紅の切り身と吟醸、たまらんでしょ?

      


焼き魚も欠かせない。
焦げ目が香ばしい鰤の西京焼き。
定番『金亀 緑(60%)』の生酒を合わせる。
研修中の札をつけたバイトの美形女子が景気よく注いでくれた。
カウンターに酒だまりが出来る。
ノープロブレム! 
     



独酌の締めは久しぶりに鮭いくら茶漬け。
こぶりの茶碗に焼いた鮭と宝石のような筋子が輝く。
K輪住職より、食べる前に写真を撮れ、とのキビシイ指摘あり。
ごもっともであります。
では、過去に撮った食べる前の写真を。
   
    



期せずして魚三昧の一日。
鮪、鰤、鮭いくらをいただいたのは『遊亀』の祇園店。
この季節は戸を開け放してあって気持ちいい風が入る。