2012/7/15 ミラクルボディのかなしみ

今日は終日、自宅で登山用品、キャンプ用品の整理&処分をする。
ヒロがばあばあの遺品整理にともなって自らの所有物を整理している。
じわじわとプレッシャーをかけられているのです。
いずれしなければ、なんてのんびり構えていると外圧があるものです。


NHKスペシャル『ミラクルボディ』を見た。
ウサイン・ボルトの運動能力分析、バンクーバー五輪のときも見たが相変わらず映像に見応え有り。
オンデマンドの見逃し番組で見られます。
    


エンディング曲は前回と同じ「 The Moment of Dreams 」
関山藍果というシンガーが歌っている。
どこか儚く拙いヴォーカル。
サイボーグ009で驚異的な遠視力、聴力を持つフランソワーズ(003)が嘆く。
「世界中の不幸な人々の泣く声がわたしには聞こえてしまう」
稀なる肉体と運動能力を持ってしまった人間の、孤独と悲哀に似た感情がこの音楽から伝わってくる。

http://www.youtube.com/watch?v=noGl3W_FDOE


もう一つ、『グレーテルのかまど』という番組を見る。
スイーツの番組で今週のテーマは『随筆家 武田百合子のチョコレートパフェ』でした。
あの『富士日記』の武田百合子だ。
彼女の写真を初めて見た。
あの時代には珍しいモダンで妖艶で不思議な魅力が写真から伝わってくる。
http://www.nhk.or.jp/kamado/story/index.html
百合子は神保町の『ミロンガ』で働いていたところを武田泰淳に見初められたのだ。