2012/7/21 トノヤマタイジ的

殿山泰司は60代のころ、お呼びがかからず「仕事に行ってくるでえ」と家を出ると日がな街をぶらぶらして家に帰った。
当時のことは『JAMJAM日記』や『殿山泰司のミステリ&ジャズ日記』に詳しい。
昨日書いたが五輪関係の仕事がなくなった。
きょうは殿山泰司的に過ごしてみよう。
そう思いたつものの午後から土砂降りの雨となる。
うまくはいかへんもんやで、まったく。


     


朝ごはんは在庫一掃週間。
今日のメインディッシュは冷凍庫に眠っていた気仙沼の『金のさんま』です。
缶詰のようだが味はくどくなく上品、保存食としても使える。
ネット通販で買えるので仕入れておこう。
在庫一掃してるんや、て?
スイマセン。
http://www.famima.com/shop/g/g0110000030435/
     


図書館へ近藤史恵の二册を返しに行く。
雲行きが怪しいなと思っていたのだが果たして豪雨となる。
笹本稜平の短編集『春を背負って』や近藤史恵『二人道成寺』などを読みながら待つ。
降り込まれて留まるのに図書館は悪い場所ではない。
我が家は中央図書館まで自転車で3分、はなれにある書庫だと思っている。
加えてスポーツジムまで自転車で3分、プール付きの庭。
スーパーマーケットまで自転車で2分、大きな冷凍冷蔵庫。


阪神香櫨園で電車を待つ。
続けざまに3本、梅田行き特急、奈良行き快速急行、須磨浦公園行き特急が通過する。
とりのこされた駅のホームでiPhoneにつぶやいてみる。


  いい雨だ  三本連続で通過した
  香櫨園  青い奴がようやく俺を迎えに来た
   遅かったじゃないか
  すまねえ兄貴 尼センで遊んじまいまして  こっから飛ばしますんで
  元町まで5分で行ってくれ
  あ、それは無理っす


    


青い電車を御影で乗り捨て、オレンジ色で元町まで出る。
雨はようやく上がったようだ。
元町の高架下商店街を歩く。
三宮側より一段とディープでアーシーでキッチュな店が並ぶ。
以前は欧州、アジアの下級船員たちの御用達エリアだったが今日は彼らの姿はない。


国道を海側に渡る。
民生の支店「香美園」はまだ昼休みだ。
たまにここのカレーライスが食べたくなる。
神戸には中華のカレー(洋食)というジャンルがあるのだ。
http://tetsuwanco.exblog.jp/12876540/
カレーはカロリーも高いので今日はやめておこう。


そうそう、ジャズをちゃんと聴きたいと思って元町へ来たのだ。
『JAMJAM』へ行くか、『JUST IN TIME』へ行くか。
久々にパラゴンに逢いたい。
となれば『JUST IN TIME』だ。
http://sound.jp/justintime/index.html

   


JBLの歴史的名機パラゴン、正面のテーブルが空いていた。
http://fukuroo3.com/paragon1.html
パラゴンは1957年生まれ、僕と同い年だ。


ひさしぶりね、どういう風の吹き回し?
いや、雨降りになるとおまえの声が聞きたくなるんだ。
うれしいわ。
今日は何を歌ってくれる?
これなんかどう? 中音がおなかにグッとくるでしょ。
おいおい、空きっ腹に響くよ。


ニーナ・シモンだろうか。
骨太な女性ヴォーカル、弾き語りのピアノと肉声に近い中音を堪能する。
「リトル・ガール・ブルー」 気怠く切ない名曲です。


   座って、指折り数えてみて あなたに何ができる?

   年をとった少女、子供の時代は終っちゃった

   さあ座って、その小さな指で数えてみて

   ついてない、悲劇の少女よ



   座って、指折り数えてみて ふりかかる雨粒の数を

   もうわかったの、

   現実はこの落ちてくる雨粒ぐらいでしかないってこと


            (Words & Music by John Bettis / Steven Porcaro 訳:土岐麻子


     


好き嫌いもあると思うけど僕はパラゴンの音が好きです。
生演奏より好きかも知れない。
ジャズだけでなくクラシックやポップスも聞きたいな。
でも買えないし、買っても家に置けない。
いいんです。
こっちから聴きに行けば。
パラゴン、昔はあちこちにあった。
名前は忘れちゃったけど京都の一乗寺のジャズ喫茶。
梅田の「バンビ」の2階にもあった。
あのパラゴンはいまどこで余生を過ごしているのだろう?
西宮北口の「コーナー・ポケット」という店にもあるらしい。
近いうちに行ってみよう。


元町の裏通りを歩く。
「パーラー ホープ洋装店」?
どうやら古民家を改造した喫茶店らしい。
その隣に「神戸炒飯の店 やん』がある。
何を隠そう僕は炒飯ファンであります。
ラーメンより炒飯、でも炒飯はたいていラーメン屋のサブメニューなのだ。
ラーメンを食べないで炒飯だけは頼みにくい。
ここならいいね。
でも、すでにご飯売り切れでした。
夕方5時過ぎ、「八島食堂」でも行きますか。
あれ、暖簾が出てないぞ。
土日は休みなのか、それともJRA開催日はやってないのか。
ならば、と「金時食堂」へ行く。
競馬の客で混んでいる。
普段は500円のキリンラガーがタイムサービスで390円。
よく冷えてる。
手酌でかけつけ2杯、しみる。
ニラ玉と秋刀魚の開き。
ミニご飯に豚汁。
テレビでは大相撲、好取組が続く。
日馬富士琴欧洲、勢いに差があり日馬富士が一蹴する。
結びは白鵬稀勢の里、稀勢の気合いが空回り?
はたきこまれて白鵬が勝つ。
明日は全勝の猛虎対決、いや蒙古対決。


まだ6時、再び高架下へ。
古着屋でポロシャツを2枚買う。
made in Indonesia のラルフ・ローレン
スグリーンとサーモン。
ユニクロのポロシャツより安い。
     
 

7時過ぎに帰宅。
ヒロはばあばあの遺品整理をしているうちに自分の持ち物の整理を始めた。
やっぱり彼女はちょっと変わった人でベーマガのスクラップが大量に出てきた。
広島のホプキンスの切り抜き! ファンだったそうな。


トノヤマタイジ的一日。
夜は筋トレとプール。
オレはそんなクダラナイことはしない、と声が聞こえる。
でも、つくづく近所にプールがあるのは有り難い。
ふーん、そんなもんか。
気持ちいいですよタイちゃん。
オレたちは三文役者なんだからよ、ジタバタしないで仕事の電話待とうぜ。
そうですね。
缶ビールでも飲むか。
いただきます!