2012/8/12 なんとなくインド

ボクシングミドル級の決勝を見て二度寝した。
寝たのは6時半過ぎ、起きたのは11時前、延長戦になった甲子園の第一試合も終わっていた。
クールダウンして終わりに向かっているはずなのにギクシャクしてソフトランディング出来そうもない。
でも、もう今日で終わりだ。
4年前の北京もずっとテレビ観戦だったけど期間途中から50周年記念の特番の編集に追われていた。
時差だけでなく、今年はヒマなのでペースが乱れる。


昨日今日と動けていないので午後からポートウェーブ西宮へ行く。
バイクを30分、筋トレを40分、日曜日はやっぱり混んでいる。
水着を持って行くのを忘れてしまったのでプールは無し。
体脂肪は19.6%。
スポーツクラブにある体脂肪計は社員食堂でおなじみのタニタのもの。
体脂肪率というのはけっこう変動するものだと知る。
最近は17.5%から20%くらいを上下している。
それでも25%になったり、いきなり15%にはならないから目安には出来る。


今日は局で阪神巨人戦の古い素材の抜き出しをしなければいけない。
梅田へ出て14日の福岡日帰り出張のチケットを買う。


駅前ビル地下のインド料理『アルナ』を見つける。
正式にはシュリアルナというらしい。

シュリアルナ 第4ビル店

食べログシュリアルナ 第4ビル店


以前、ヒロや友人らと行ったことのある店だが場所が微妙に変わっていた。
カリーもいいなあと思って一人で入る。
イギリスへ行くと必ず一度はインド料理店へ行った。
たいてい一人だった。
何だか懐かしい気分。
スコットランドのインヴァネスにある「Rose of Bengal」という店のカレーは生涯最高の一品だった。
人気店で地元のスコットランド人の家族が列をつくって並んでいた。
最近では2007年に(最近ではないね)、ロンドンのパディントン駅前の店へ行った。
ラグビーのW杯をカーディフに見に行った旅で、眼鏡堂氏と一緒だった。
氏はこの店でクレジットカードをスキミングされたと疑っている。


生ビール299円!
仕事前なのに…。
ま、一杯だけなら。
料理はベジサモサとひよこ豆のカレー(辛さ5倍)、ライス。
サモサには生のレタスがついていて奇しくもベジタリアンみたいなメニューになってしまった。
僕は豆のカレーが大好物なのです。
辛さは5倍では物足りなかったか。


編集室で集中して素材抜き出し。
1時間半ほどで終えて、あとはMacBookでの作業となる。
男子マラソンは中本ががんばって6位入賞。
上位を日本選手が入っているのが新鮮に見える。
アエラの「現代の肖像」で眼鏡堂さんが取材した藤原に注目していたのだが45位と惨敗。
優勝はなんとウガンダ!
優勝候補のケニアの2人を振り切って最後は独奏でフィニッシュした。
ウガンダの金メダリストをかつて僕は見たことがない。
赤と黄色、原色のウガンダ国旗が目に焼きついた。


レスリング66キロ級決勝を見る。
米満という26歳の選手、自衛隊体育学校。
手の長いオランウータンのような野性味あふれる選手だ。
激戦の証明か、片眼が充血して赤くなっている。
相手はクマールというインドの選手。
インド+レスリングというとタイガー・ジェット・シンしか頭に浮かばない。
インドはそこそこのレスリング強国らしい。
第1ピリオドを獲った米満は第2ピリオドで大技を繰り出す。
クマールをマットに叩きつけて3ポイントを奪う。
強え、と思わずつぶやく。
最終日に金メダル!

       


日本のメダルは38個と過去最高となった。
競技も女子種目も増えているので過去の大会と一概には比べられないけど。
金は7個、男子は内村、村田、米満、女子は松本、小原、吉田、伊調。
内村以外はすべて格闘技系だった。


帰り道、ふと気がつく。
そういえばインド料理食べたよなあ。
そして、レスリング決勝の相手がインド人。
インドを食べて日本が勝った?
てなもんや。
なんとなく今日はインドの日、だったような。


ロンドンオリンピックは未明にフィナーレを迎える。


追記:インドついでにDVDのお薦め。
   僕の2011年見たDVDでベストは『マイ・ネーム・イズ・ハーン』でした。
   見ていない人は是非とも見て欲しい。
   

マイネーム・イズ・ハーン [DVD]

マイネーム・イズ・ハーン [DVD]

   

   傑作です。
   長い映画ですが最後までぐいぐいと引きこまれ、かなりの確率で泣かされるはず。
   エンディングが最高です。
   
   




追記:笑える。