2013/2/15 どうせ消えゆく我が身なら

夫婦ともに寝坊した。
起きたのが10時前、Macを立ち上げると石垣島のファーマーはすでに朝イチの写真を打ち上げていた。
ヤエヤマファームの朝は早い。
♪シャバダーシャバダーシャバダーダダーダダダ…。
ニュースデスク5連投を終えてまたオフがしばらく続く。
春が来たら将来のことを考えようと思っている。
お前は熊か?
脳天気な56歳の寒い朝。


   ♫ 北風吹きぬく 寒い朝も 心ひとつで 暖かくなる


明日出来ることを今日しない。
やりたいことから先にやろう。
そんな思いを強くしたのがロシアで起きた隕石空中爆発でした。


昨日の日記を書いたり、You-Tubeでダウンロードした映像ファイルを整理したりして過ごした。
午前中の雨も上がり走ろうと思ってドアを開けたらいつもと違う顔の六甲があった。
ジョギングの友である小型デジカメ(SONY WX-100)で撮る。
今や1万円足らずのカメラが光学10倍、高画質センサーと手ぶれ防止機能でこれくらいの写真が撮れてしまう。
あとはどう切り取るか、だ。
わずかでも麓の街をひっかけておくべきだったな。
この写真、よいかどうかは別にして好きな写真です。
何より自然のライティングが素晴らしい。
自宅前からこんな景色が見られる幸せ。

  



芦屋浜を7キロジョッグ。
いつもように4キロコースのタイムを計測。
21分13秒、キロごとのラップは、5分05,5分21,5分33,5分12 だ。
当面の目標は21分、前回までが21分38秒だったから25秒を削りだした。


帰宅して夕方5時過ぎ、facebookを覗くとマスダさんから投稿があった。


   今、ニュースでやってるロシアに落ちた隕石の映像!
   さすがにYouTube
   http://www.youtube.com/watch?v=90Omh7_I8vI


ジョッグ中にPodcastでたまたま小惑星最接近の話を聞いていたばかりだ。
今日だったのか?
映像を見ると…(紋切り型だが)これ映画のワンシーンじゃないの? と驚く。
あわててヒロにテレビつけて、と言い各局をチェックする。
NHKは「あほやねんすきやねん」、民放はほとんどが字幕だらけの画面で北朝鮮ネタ、隣国の暴挙を憂えている。
みんな吹っ飛ぶちゅうねん。
北朝鮮の核実験も、体罰問題も、アベノミクスも、原発も、ちょっと大きめの隕石ひとつで無問題になるっちゅうねん。


つまらないことで人間同士がいがみあうのならいっそのこと、と思ったりする。
http://www.youtube.com/watch?v=TiSggqH9oF8


それにしても昨今の映像の伝播の速さったらない。
世界中の映像がわずか数時間後にYou-Tubeに乗り、多くの人々がそれを見た後でマスメディアがさらに広げる。
  


ヒロと話す。
映画「ディープインパクト」だ、「アルマゲドン」だ、と。
でも、これは怖くないね、と。
どうしようもないもん。
みんな恐ろしいことだって言うけど…。
半世紀も楽しく生きた。
僕はどうせ死ぬなら、戦争や原発事故や民族紛争より隕石で死にたい。
交通事故や、わけのわからない通り魔や、生活苦での自殺よりどんなに素晴らしいか。
(どんなに望もうと確率は低いのだが)


ちなみに僕は例の小惑星の破片が一足先にとんできたのかなって思ってました。
どうやら方向が違うみたいです。
日本時間の明日(2/16)未明、インド洋上空で最接近、北極方面へ抜けるのだとか。
最接近したときに何かの拍子に軌道が変わったら東アジアが危ない?
1908年のツングースカ大爆発と同じ規模の小惑星らしいです。
半径20キロは火の海です。


気をとり直して夕餉に出る。
僕の誕生日ディナーです。
夙川の蕎麦屋侘助」で念願だった馳走会席をいただきました。
どうせ消えゆく我が身なら、美味しいものは今日食べておこう。
  


11月のヒロの誕生日には行こうとしてたレストランが休業してしまってたので丸亀製麺でワンコインで済ませた。
その分、今日は贅沢しようと予約した。
こんなお品書きです。
  


締めではなく中間に蕎麦が出る。
A部氏夫妻と池田で蕎麦会席を食べたときに前菜として新蕎麦が出た時にもいいなって思った。
まだ味覚が疲れていないときに蕎麦を食べたい。
細挽き緬にフォアグラと牛蒡のつけ汁。
香ばしい。
  


ヒロのチョイスは蟹身とかぶらのみぞれのあったかい蕎麦。
二人だとお互い味見出来るのが嬉しい。
蕎麦はさすが土山人、絶品でした。
  


主菜は僕のお好み、赤味噌仕立てのタンシチュー。
  


お焦げのある釜焚きご飯もいい。
  


サッポロ黒ラベル中瓶を1本、日本酒は「風の森」を一杯。
ごはんが美味しいとお酒はそれくらいで満足出来ます。
  


侘助」のコース、大満足。
自転車で行けるお店、コスパもいい。
これからの記念日には定番になりそう。