2013/2/17 蔵王の樹氷原を歩く day1

山形県蔵王樹氷モンスターを見に行く。
僕ら夫婦にとって2011年8月以来の泊りがけの旅行です。
蔵王のペンションに一泊、米沢の温泉「時の宿すみれ」に一泊の二泊三日。
天気予報は終日雪模様でありますが、さて?


  


【行動メモ】
起床5時、予想通りまだ暗い。
阪神電車で甲子園、甲子園からリムジンバスで伊丹空港
伊丹7:15 発の山形便、日本列島は快晴、上空から北アルプスを撮る。
立山、剣の白き鋭峰が天を突くのを見下ろす、神の視点。
山形空港でレンタカー、HVのアクアを借りる。
平野部はかなりの積雪、山は霧氷で白い。
1時間ほどで蔵王の坊平ら高原にあるライザスキー場に着く。
青空にブナの霧氷林が美しい。
今日泊まるペンションのオーナーがスノーモービルで荷物を運んでくれる。
ゲレンデをトラバースしてペンションに投宿。
着替えてスノーシューイングの準備。
ヒロのスノーシューセットにストックがないのに気づく。
急きょ、ペンションでストックだけ借りる。
クアッドリフト(4人乗り)、ペアリフトを乗り継いで樹氷原まで登るも天候が悪化。
樹氷モンスターのあるエリアは吹雪いて視界不良。
40mごとにあるお釜への赤白道標が2本見えなくなったら引き返せ、との警告があったが歩いてすぐその状態になる。
辛いだけなので引き返すことを決断。
ガイドに連れられたツアー客も続々と下りてくる。
聞けば山頂部はブリザード状態だとのこと。
ツアー客に続きゲレンデの端を歩く。
途中からブナの森にコースをとる。
深い雪をガンガン歩く。
スノウシューは偉大な道具だ。
雪、くもり、時々青空。
オシラビソ、カラマツ、ブナの森を縦横無尽に歩く。
3時過ぎにペンションに戻る。
夕方、4時のバカっ晴れ。
風呂に入り温まる。
夕食、スープ以外が冷めている。
背中の右側に鈍痛。
以前から少し違和感があったが気になる。
筋肉痛かとも思うが内臓疾患ではないかと疑う。
iPhoneで調べると腎臓結石の症状に酷似。
右背中の筋肉痛のような鈍痛、痛みが強くなったり消えたりする、などなど。
帰宅したら検査してもらおう。


(とりあえず写真を数枚アップしておきます)