2013/3/1 睦月二十日の記

旧暦を知るようになってから三月(新暦)を弥生と呼ぶことに抵抗がある。
慣用的には三月=弥生でいいのだけれど、旧暦で言えば今日は睦月二十日、まだ如月にもなっていない。
春は名のみの風の寒さ、である。
旧暦では水無月は梅雨の明けた真夏であると知って合点がいった。(皐月が梅雨どきなのだ)
桜が満開になるのは弥生(新暦4月)で、卯の花が咲く卯月(5月)は初夏だ。
季節を敏感に感じていると旧暦の方がしっくりくる。
とにかく2月は短く、あっという間に逃げられた。


   今月はまだ何の失敗していない新しい月だと思うと嬉しくない?


と、赤毛のアン風に新しい月が始まりました。

なんて書いてたらしょっぱなから失敗(?)してしまいました。
原因はこれです。
   


「キリン本搾り 冬柑」24本パックが届きました。
去年の秋に限定発売されてすぐに売り場から消えてしまった。
ほとんどがSold Out で仙台の通販ショップに在庫があるのを見つけた。
そのまま飲んでも良し、鍋ものにも合うし、本搾りだから甘くない。
キリンもオレンジとか林檎なんか売ってないで冬柑を年中発売して欲しい。
原料:すだち。かぼす、ゆず、グレープフルーツ + ウォッカ 酒精6%
あまりに美味しいので確定申告しながら3缶も飲んでしまった。
絶対、計算間違えてる。
あした検算しましょ。


…Number 最新号、藤島大氏が書いたインタビュー記事を読む。
水原か京城か路地裏の小汚い店で骨つきカルビをマッコリで流しこんだに違いない。
ひさびさの藤島節に酔った。
「鄭 大世 韓国移籍の真相」
書き出しが奮ってる。
大さんの重たいジャブがいきなりヒットした。
  


チョン・テセ、人民のルーニーの言葉の明晰さに感じ入るものがあった。
チョン・テセは言葉の人であると言う。
本人の言葉を借りるなら 「厳しく言うなら3カ国語、…甘くなら5カ国語」を話すそうだ。
朝鮮語、日本語、ドイツ語、それなりに英語とポルトガル語を話す。
「ただケルンでも槙野の存在感には勝てない。いくらこっちがドイツ語を話せても。
 みんな槙野のことが好きなんですよ。まあ天才肌のカリスマには勝てない。
 それを補おうと、また言葉を覚える努力をしました」
鄭大世を応援したくなった。


個人的なことだけどスポーツネタをもうひとつ。
バレーボールの栗原恵が今季から岡山シーガルズへ移籍した。
メグカナ人気沸騰のアテネ五輪のころは何とも思わなかったのに最近オトナになった彼女を見るといいなあと思う。
いま、写真集が出たら買っちゃいそうなくらい。(買わないけど)
  
オトナの色気、っていうんじゃないけど穏やかな表情とたたずまいだなって思う。
内面からくるものでしょうか。
身近な人でもそういうことってありますよね。
あれ?この人こんなにきれいだったっけ、と。
     
     

私見ヴィーナス候補としては東レの小平花織、トヨタ車体の竹田沙希です。
左が小平(スケートの小平と同じ長野出身)、右が竹田。
       


…確定申告の一日。
朝に3キロちょっと走って、書類の整理から始めて、医療費の領収書をまとめて、計算して、本搾りを飲んで、また計算して、
ホットドッグを食べて、また書類をまとめて、計算して、カレーうどんを食べて、ジムでバイクを漕ぎ、少しだけウエイトをして風呂に入る。
年収は…2年連続で減っている。
2010年から2011年でマイナス150万、去年はそこからさらに120万減額。
2年で270万減ったことになる。
2009年からニュースデスクの分がハケンになってから還付金も半減し健康保険料は2割増となった。
節税対策が機能しなくなったからだ。
この先、安倍政権はさらに低所得者層に負担を強いてくるのは明白。
うーむ、どうする。