2013/4/13 クマさん仕事

朝、目を覚ましてマスターズの中継を見ている時だった。
坐っているベッドがゆさゆさと横に揺れた。
地震
揺れがおさまるかおさまらないかでiPhone ぶるぶると震えた。
キュイー キュイー キュイー 聞いたことのない効果音。
ドキっとした。
手にとって液晶を見ると「播磨灘地震発生、強い揺れに注意してください」と表示されている。
どうすればいいのかわからない。
狭いホテルの部屋を右往左往する。


    


結局、以後は揺れなかった。


テレビのチャンネルを変える。
淡路島震度6弱
ヒロから、大丈夫? とメールが入る。
三田より西宮の方が揺れが大きかったようだ。
眠っていたのに揺れで目が醒めたらしい。

  


そんなこんなでザワついた心持ちでゴルフ場へ向かう。
朝番組の生中継の撮影で朝イチからなんと5ホールを往復、10ホール分を速歩&ジョッグ。
息が切れ、寒いのに汗をかく。



僕の定位置から見た仕事場の風景。
  


手前の二人は本当によく働きます。
カメラ5台から送られてくるテープを素材に、各所からの発注に応え、ハイライトや提供バックや営業ノルマを編集する。
合間にトランシーバーで出先のカメラに指示し自在に動かす。
僕は、と言えば…孤軍奮闘する彼らの傍らでボォーと油断してます。
時折、どうします? と相談があるので、適当に答えておきます。
とても眠いときがあって、そんな時に相談されると、うわあ、眠いのになあ、そんなことは自分で考えたら? と思うのですが、
彼が全部仕事を一人でこなしてしまうと僕の仕事が無くなるので、それはそれで困ります。
そのあたりは、わかってらっしゃる、ということで。
ぶっちゃけていえば僕のかわりにクマのぬいぐるみが置いてあってもいいのだ。
彼はそのクマに話しかける。
「ねえ、クマさん。こいつのホールアウトは撮った方がいいかなあ?」
「そいつはもう要らないんじゃないかな」
「そうだね、ありがとうクマさん。助かったよ」
「いえいえどういたしまして。じゃあ、ボクはまた眠るからね。 おやすみ…zzzzzzz」
みたいな。


…今日は朝から地震があったり、久々にゴルフ場を歩いたせいで疲れた。
銭湯はパス、阪急オアシスで串カツを3本と缶チューハイ、路地裏のたこ焼き屋で塩たこを8個買う。
ホテルで晩酌、早めに寝るがすぐに目が醒める。
疲れているのになんで寝られないのだ。
このポンコツめ!