2013/7/23 大暑洛中梯子酒

きょうは大暑だそうな。
朝から本気モードで暑い。
ジムで筋トレ、もちろんスイミングプールつき。
午後から阪神電車で三宮で出て好日山荘でMacpacの自転車用バックパックを購入。
Macpac はニュージーランドアウトドア用品ブランドです。
三宮から阪急電車で梅田、梅田で河原町行きにつないで上洛する。
四条から鴨川べりを歩いて三条、三条の銭湯で汗を流して18時前に眼鏡堂と合流。
まず赤垣屋のカウンター。
瓶ビールと名誉冠の燗酒、ゆず風味の小芋煮、くみあげ湯葉、稚鮎の塩焼き、おでんの大根と蛸。
赤垣屋は夕方5時開店、開店して1時間ちょっと、6時半くらいに少し空くようです。


おじさんはほろ酔いになると少年になります。
二条大橋を渡ればいいのにね。
川風が気持ちいい。
去年は水量が多かったので裸足になって渡ったっけ。
「縄のれんの向こう」 http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20120720/1342714524
  


鴨川を渡ってK-6のバーカウンター、ピンクジンと鯖とうずら卵のスモーク。
締めは四富会館たすく、絶品のお通し4品と国産ワイン3杯。
23:15の快速急行で帰宅す。


で、こっからは例によって絵日記だす。


三条大橋、このあたり三条河原はかつて刑場でした。
  


鴨川にたたずむアオサギ
石垣島のミネーロはこんな恐い奴を素手でつかまえていた。
ワイルドだぜえ。
  ]


京阪三条といえば…篠田屋食堂です。
皿盛り食べたい。(今日はガマンしましたよ)
http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/searchdiary?word=%BB%AE%C0%B9
  


自選、きょうのベストショット。
古いお肉屋さんです。
 


ネットで調べた銭湯「孫橋湯」です。
もう少し東へ行くと柳湯というレトロ建築の風情ある湯があるらしい。
孫橋湯は多少リニューアルしてあるけどベースはかなり古い仕様。
特に脱衣場のロッカーがいい。(写真撮らなかったけど)
小さいけど過不足無し。
居心地がいいです。
モーニングとかアフタヌーン系のコミック雑誌が常備してある。
たまたま読んだ国鉄分割民営化のマンガ「カレチ」に突然ハマる。
こんな地味ネタをマンガにするんだ、と思いながら読むとドラマチックな展開に啞然。
コミックを買おう。
  


銭湯、といえばラジオで小山薫堂が話していた。
「銭湯で熱い湯につかると幸せを感じる。これが自分の仕合わせのスタンダードだなって思う。
 これがあればとりあえずいいと思う。あんまり幸せの基準点を上げるんじゃなくてこれをキープすることが大事だと思う」
そうなんです。
同館であります。


赤垣屋、カウンターで吞んでいる常連客たちの様子を眺めながら吞むのがいい。
K-6、暮れなずむ群青色の高瀬川を見ながら強い酒精を喉に流し込むがいい。
四富会館「たすく」のカウンターに並ぶ国産ワイン。
  


「たすく」では隣りにすわった客と話をするのが自然で楽しい。
南仏プロヴァンスから来たワイン蔵元の息子、いつもご夫婦で来る京都のパン屋さん、きょうは奥様が独酌。
眼鏡堂さんに京都府警のお友達がいたなんて…想像もしなかった。