2013/8/1 五十六の夏

朝、処分した本段ボール11個分をヤマトが集荷していった。
まだ雑誌類の山が4つほどある。
ひもで縛る。
山と渓谷」「OUTDOOR」「あまから手帖」などの雑誌は重いので筋トレのような作業、汗だくになる。
そのまま朝プールへ行きたかったのだがナレーション原稿の手直しがある。
小一時間ほど手間取ってしまいプールへ行けず。


午後からのナレーション録りに小中学校の若い先生たちが研修に来る。
ニュースデスクは何もしなくても勤務時間が長いだけにマジで疲れる。
日付変更線を越えて帰宅すると翌日の朝はぐったりと疲れている。
バルセロナ世界水泳を見る。
今は日本を含めアジア人も自由形で勝負出来るようになった。
男子200m個人メドレー決勝で萩野が最後の自由形50mで追いこんで銀メダル。
僕らの世代の常識では考えられなかった。
100m自由形で準決勝まで残った塩浦、彼がいたらこれまでハンディだと思っていた自由形でも勝負出来る。
長く生きていると世界は変わるね。


週末から夏らしい青空と猛暑が戻ってくるらしい。
8月最初の日記なのにとりたてて書くこともなし。写真もなし。
夏バテしないで五十六の夏をエンジョイしよう。
でも、ちっとは働かないとフトコロが寂しくなる一方だ。