2013/8/8 白山 day1

山登りを好きになったきっかけは独身時代の白山登山だった。
あれは1993年の7月、いっしょに登ったのはミネーロ金岡。
セルジオも登山口までいっしょに行ったのだけれど
オレはベースキャンプを守るとアタック隊に参加しなかった。
二人で登った最高峰の御前峰(ごぜんがみね)は
嵐で展望は全くなく辛かったが冒険心をくすぐられ何故か楽しかった。
思えばあの白山が始まりだった。
以来、穂高、蝶ヶ岳、槍ヶ岳、大台ヶ原、利尻岳、久住、阿蘇、八ヶ岳、
黒姫山、剣岳、立山、西穂高、焼岳 と山登りにのめりこんだ。
なかでも最初の山行で訪れた白山の南龍ヶ馬場は天国のような美しい場所だった。
ぼくは一目惚れして何度も白山に登った。 
   
 

11年ぶりの白山南竜ヶ馬場は雨、谷間の山小屋はもうすぐだ。
   


…白山の山日記を書く前に告白します。
白山へ山登りへ行くために福井まで乗ったサンダーバードの車中にデジカメを忘れてしまいました。
生物としての加齢による劣化がまた一つ露わになりました。
で、忘れたことに気がついたのは白山登山口へ行く途上の勝山市内のコンビニ。
カメラ無しで登るのはあまりに悲しいので同型のカメラを1台購入しました。
で、念のためJRの忘れものセンターに届けておいたところ金沢駅で発見、
保護された模様。網棚〔網じゃないけど)にあったそうです。
で、本日着払いで我が家に戻ってきました。
おかえり。

  


で、我が家には同型のデジカメが2台。
新しく買ったものにはwifi同期の機能がついているだけで撮影機能は同じ。
新しい方を嫁の専用にするつもりです。
   
    
  

今年に入って、1月に京都でデジカメを失くし、
5月に財布&iPhoneをザックごと失くし(その後無傷で戻る)、
そして今回。金額的な損失もさることながら精神的ダメージが大きい。