2013/8/11 夕涼み甲子園

夕方4時過ぎから甲子園へ行く。
第四試合 西脇工業(兵庫)- 石見智翠館(島根)をライトスタンドで観戦する。
石見智翠館はかつての江の川高校、谷繁らの出身校。
その時代から関西出身の選手が多い。
ライトの酒巻君は宝塚中学出身。
甲子園は西脇の選手よりよっぽど地元だ。
先制タイムリー、度々の好プレーとリーダーシップで外野を統率している。
ファインプレーすると、あああ〜、とスタンドからため息。
地元出身なのに完全アウェー。
照明灯の長い影のような理不尽な重圧。
17歳にして自分の不可思議な立場を味わう。
サカマキ、頑張れよ。


   



西宮の日常に復帰する。
フリースを着て過ごしていた2200mの高原から下界に戻ったら苛酷な熱帯夜が待っていた。
朝、汗だくで起きたら部屋の気温がすでに33.6度!
外出せずに自宅で過ごしても熱中症になりそう。
古いエアコンを酷使してもあまり冷えず関西電力を儲けさせるだけ。
コスパが悪過ぎる。
午後からスイミングプールをぬる湯替わりにしてずっと浸かっていようか。
日が落ちたら甲子園の外野スタンドで西脇工業の出場する第4試合を観戦しよう。
缶ビールを冷やしておかなくちゃ。


写真:てん、白山に舞う。ここは涼しかったのにね。
   



自転車で甲子園へ行く。
ライトスタンド裏の自転車置き場にとめて徒歩15秒でライトスタンド。
いつもの導入路です。
   


第四試合の観客は45000だそう。
アルプスと無料の外野はびっしりだけど内野は意外にガラガラなのです。
   


トートバッグに週刊朝日、Number 、関係ないけどビッグコミック最新刊。
保冷剤を入れたバッグに凍ったお茶とコンビニで買った缶チューハイと冷やしたタオル、携帯用のざぶとんに双眼鏡、ラジオ。
周りを見ているとクーラーボックスを足元に置いた僕以上にしっかりとした装備の中高年も多い。
たいていは単独行だ。
   


やっぱりこれでしょ。
キュートな一番搾りガールに声をかけて700円で購入。
彼女が僕を目視する。
ほぼ同時にタンクからカップに注入。
僕が1000円札を出す。
ほぼ同時にビールと百円玉3枚とスマイル。
前にも書いたけど好守の二塁手のようなお手並み。
   


つまみ替わりにセブンイレブンで買ったキーマソースのドライカレー小。
298円のこいつがいい仕事する。
右中間へスリーベースヒットを放った気分。
   


1塁側アルプス石見智翠館
   


3塁側アルプスは圧巻!
西脇からバス80台で甲子園へエントリー。
立錐の余地も無し。
   


西脇工業、3点リードして9回。
駅伝なら5区まで45秒のリードという感覚か。
ライトスタンドではもう勝ったなの声も。
安全圏か?
   


石見智翠館、9回にチャンスを作るも得点を奪えず西脇工業が初陣を飾る。
駅伝に喩えると(すいません駅伝ファンなもので)、1区を僅差でトップ、3区あたりで40秒くらいリードして、そのまま逃げ切ったというパターンか。
   



照明灯の影が長く伸び、いい風が吹いたライトスタンド。
また来よう。