2013/8/31 これくらいにしといたる

マンションの排水溝の清掃があるということで午前中は節水モード。
なので、水は極力使わず、3日前から煮こんだビーフシチューとパンで朝ごはんです。
今回のはトマトと赤ワインが多めのソース、好みの味になりました。
これで煮こみハンバーグも出来ます。
テーブルの端にいるのは けんぞー です。
わが家での3ヶ月の試用期間を過ぎて明日から本雇いになります。
緊張しております。
こいつは緊張すると耳が広がるのです。

  


台風は温帯低気圧に変わり日本海を北上している。
気温はそれほど高くないが湿度が半端じゃない。
不快指数が高いとヒロの機嫌も悪くなる。


天気は心配だったが夕方からキンチョースタジアムへ行く。
ラグビートップリーグの開幕戦、近鉄ライナーズパナソニック・ワイルドナイツと対戦する。
阪神電車で西九条へ、JR環状線で天王寺に出る。
阪和線が大混雑、ホームから人がこぼれ落ちそう。
車両トラブルで電車が一便運転を取りやめたせいだ。
きょうは長居でセレッソ戦、キンチョーでラグビー2試合あるのに…。
不快指数がさらに増す。


近鉄戦は第2試合。
キックオフの19時までまだ1時間ある。
ならば、と一つ前の南田辺で下車、このエリアへ来たらたとえ半時間でもこの店に行っておきたい。
名居酒屋スタンドアサヒで瓶ビール大、ああ、ここはオアシスだ。
料理は、野菜と鯛の子、帆立を炊いたん、小芋煮(ゆずがきいてて味しっかり美味)、肝焼きの串2本。
この店はなんでも美味しい。
うなぎの蒲焼き!
食べたかったけど1300円…。
お、松茸ごはんがある。
400円だ!
もし、人生の最後に行きたい居酒屋があるとすればどこだろう?
そんなことを考えながら飲んでいた。
全国の地酒を置いているような店じゃないなあ。
手のこんだ料理の高級なお店でもないなあ。
もしかすると今飲んでいるスタンドアサヒみたいな店じゃないかな、なんてことを思いつつ飲む。
松茸ごはんを食べ終わると18時半、キンチョースタジアムへ向かう。
  



…鶴ヶ丘の駅を下りると小雨がぱらつく。
大半の客は長居スタジアムへ向かう。
キンチョースタジアムのメインスタンドはこんな感じ。
第1試合は4000人ほど、この第2試合でも6000人くらいしか入らない。
日本のトップのリーグが2試合見られて一番高い中央席でも2500円(前売2000円)、自由席は1500円(前売1300円)という甲子園の高校野球並みの料金なのにね。
     


バックスタンドはこんな感じです。
パナソニックの応援が少ない。
パナソニックといっても元は三洋電機、地元は群馬だからね。
ガンバとは違うみたい。
     


近鉄ライナーズは強豪パナソニック・ワイルドナイツに最後まで圧倒された。
風上になった後半には押しこんで反撃だ!と思ったが自陣に攻め込まれ続けた。

     


最後に三洋電機の試合を生で見たのは2008年3月 秩父宮の日本選手権決勝。
トニー・ブラウンの正確無比な七色のキックがサントリーを翻弄し圧勝した試合を覚えている。
何人いるの? と思うほどのポジショニング。
キックの多彩さとその飛距離に驚く。
せっかく運んだボールをあっというまに自陣に戻される。
苦しい時にサントリーのFWが走らされる。
辛いぞ、これは。
攻めこんでも攻めこんでもキックで簡単に戻されてしまう。
サントリーの選手の疲労はスタンドで見ている僕らにまで伝わってきた。


きょうの試合、近鉄ライナーズの選手も疲れただろうな。
風下になるとパナはキックを極力使わず徹底してランで攻める。
それを易々と許してしまうライナーズ。
応援団も辛かっただろうな。
旗振りオヤジはハーフタイムに相手応援団を威嚇するも実らず、0-46、ボコボコにされてしまいました。


「まあええ、きょうはこれくらいにしといたる」の画です。(嘘です)
     

ホントは新撰組のハッピ着て応援してたパナソニックサポーターに「わしは長州人や!」とカマしてるとこです。


また雨が降り出す。
次は秩父宮でクボタ戦、14日に長居スタジアムでコカコーラ戦。
武井さん、いや武広さん、この二つは取りたいですね。


追記:旗振りおやじこと武広さんを知らない?
   この「ぷよねこ日記」にも何度も登場していただいてます。
   「人を応援するということ」   http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20101004/1286121489
   「1975年のラグビーマガジン」 http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20120308/1331135842