2013/9/30 冬鳥

秋晴れ、少し蒸し暑い。
9月が終わる。
もう二度と帰らない2013年の9月を惜しみながらちんたら走る。
ジョギングでもない。
老人の朝の散歩だ。


御前浜の青空。
戦前、戦後しばらく、この浜は海水浴場、演芸場、音楽堂、ローラースケート場が建ち並ぶ阪神間の歓楽地だった。
つわものどもが夢のあと、今はしずかなものです。
http://www.omaehama.org/archive/history/oldphotolib/index.htm#20
   


コンデジのリッチトーンモノクロという撮影モードで撮ってみました。
   


9月は14勝16敗と2つ負け越し。
(今日までは14勝15敗ですが今夜は飲む予定なもので)
39.12キロ走り、自転車で63キロ走り、プールに12日通い、7日 筋トレをした。
体重は最重が73.55、最軽が72.20とあまり減っていない。
体脂肪率はコンスタントに20%は切っている。
10月はもう少しがんばろう。


   


浜に木槿(むくげ)の花が咲く。
『白の一重花に中心が赤い底紅種は、千利休の孫である千宗旦(せんそうたん)が好んだことから、「宗丹木槿(ソウタンムクゲ)」とも呼ばれる。』
なんてウンチクが wiki に載っている。
   


おお、もう来てたんか。
冬の使者 ユリカモメです。
まだ少し蒸し暑いだろうに。
   


   


夙川の河口では子供たちが魚をつかまえてる。
今日は月曜なのに…運動会の代休なのかな。   
この秋晴れ、いつまで続くんだろ。

   



お昼に連続テレビ小説ごちそうさん」を見た。
くしんぼうの娘が主人公だ。
登場したのはオムレツ、杏のシロップ漬け、クロケット、いちご。
フードスタイリストは「かもめ食堂」や「深夜食道」の飯島奈美という人らしい。
   


我が家のけさの献立は、
自家製いくらの醤油漬け、焼き鰯、小松菜と揚げの煮びたし
きんぴら牛蒡、たまねぎと南瓜の味噌汁、宮城の五分搗きササニシキ
   


昨日食べた脂ののった鰆は切り身で250円、
今日のイワシは塩漬けじゃない新鮮な生鰯で一尾100円。
丸々と太って味も食べ応えも大満足でした。
   


自家製いくらの醤油漬けはこの秋3度目。
モノクロで撮るとキラキラと光ったところが強調されて、
まさに“北の海の宝石”です。
   


…午後遅くから出社して諸々の打合せ。
夜はA部氏と飲む。
駅前2ビルのB2にある和バル。
昼間は「虎徹」というラーメン屋らしい。
日本酒がちょっと高いな。


2軒目は「銀座屋」、サッポロ赤星とハイボール


   


A部氏が調理場の棚に並ぶコンビーフ缶にしきりと興味を示すが無視する。
締めにコンビーフは食べられない。
ちと飲み過ぎた。