2013/12/7 洛走楽酔

天満独酌、尼崎吞み、に続いて京都吞み、です。
お酒で摂るカロリーはその前にちゃんと走ってプラマイ0にしておこう。
(本音はマイナスにして体重をもう少し減らしたいんだけど)
吞むなら乗るな、乗るなら吞むな、という標語があったけど、吞むなら走れ、です。


京都2時間走と決めて鴨川を遡る。
京都産業大近くのMKビルまでの往復、そのあと三条から錦、五条と約18キロ走りました。

  


祇園四条にあるMUSUBI というカフェの2階がランステとして使える。
ロッカーとシャワールームを使って500円です。
昨晩、尼崎吞みで山田さんに紹介してもらった。
川端通り沿いなので鴨川まで30秒のアクセス。
祇園直近だからアフターランに吞むのも1分のアクセス。

  


ロッカールームは他に誰もいなかった。
今日は僕一人で貸し切りらしい。
スタッフが「遠くから来られんですか?」と聞く。
「いや、西宮なんです。今夜吞むのでその前に走ろうかと」
「それ、いいですね」
でしょ?
  


午後3時前に走り始める。
四条大橋下からの眺め。
きょうは写真を撮りながらゆるゆると。

  


鴨川とは思えない野生の風景。
支流が流れこむ場所に水鳥が集まっている。
シラサギとユリカモメ、黒いのはカワウかな。
  


もう少し早めに走り始めてたら嵐山とか宝ヶ池とか行けたけど暗くなってしまうので鴨川コースにする。
上流へ行くと土や芝で足にやさしいもんね。
  


冬枯れの季節にも花が咲く。
  


イエローカーペット。
  


三条大橋から市街地へ入る。
当然ながら走りにくい。
先斗町は海外からの観光客で押すな押すなって感じの混みよう。
というか走っちゃダメですよね。


お、余志屋さんだ。
年明けに寄せてもらいます。

  



錦市場は観光客でごった返してた。
至る所で渋滞になって前に進めない。
もちろん走れない。
走ってたらひんしゅくを買います。


錦の西の端にある「ぢんとら」です。
ここの激辛一味が大好きでしばらくストックを切らしていた。
瓶入りを一本購入す。
  


やっぱり四条はランニングで来る場所じゃない。
藤井大丸から南へ抜け五条方面へ。
鴨川を渡り祇園川端へ戻る。


まねきあげの季節。
  


夜は「遊亀」と「たすく」
東京からのおのぼりさん えりぼうと飲む。
  

むつごろう味? @たすく