2013/12/14 Runnet Ekiden 大阪 @万博記念公園(未)

万博で市民駅伝、その後、岸部の「極楽湯」で打ち上げ。

   


YTVよりエントリー4チーム中、断トツの優勝、2位に6分以上の差でした。
勝因は当日にメンバー変更した1区(最長の10キロ)でのエース安藤の起用。
10キロを44分03秒!(区間1位)
ここで2位以下に3分の差をつけ、その後一度も首位を譲らなかった。
まさに駅伝の王道、先手必勝を絵に描いたような勝ち方でした。
2区は全選手が45歳超、しかし百戦錬磨のマスターズ区間、
その中で最年長、そして走力の一番劣る僕だったが、
安藤がつくった3分差が気分を楽にしてくれた。
5キロを25分24秒。(区間4位)
それでも追い上げは激しく猛追のK編成局長が僕と1分差までに縮め、
続く3位の編成部M次長はかぶり物をしたY宣伝部長に1分詰められた。
わがチームの三走は唯一去年もエントリーしている衣笠。
わずか3キロの最短区間で2位以下に1分の差をつける快走を見せた。
3キロを14分44秒!(区間1位)
失ったリードをとりかえし2分差とする。
アンカーは山田、当初は1区に起用の予定だったが4区5キロ区間に。
2分のリード、ライバル不在の4区、キロ5分以下を守れば楽勝だ。
「山田、リラックスして気持ちよく走ろう」と声をかけるつもりだった。
が、すでに安藤が「山田!死ぬ気で最初からつっこめ!」と指示したらしい。
衣笠が襷を渡すのももどかしくダーヤマ発進!
衣笠が選手だまりに戻ってきてほどなく3人でフィニッシュ地点へ向かう。
おお、なんか駅伝っぽいね。
ほどなくアンカー山田がフィニッシュ。
タイムは…21分10秒!(区間1位)
他の3人は24分から25分だから一人で4分以上の差をつけた。
ダーヤマ、突っこんだね。
僕以外の3人が区間賞、負けっこないね。
みなさまのおかげっす。
かくしてYTVスポーチーム初出場初優勝の快挙、そのレポートでした。


   


   


でもねえ。
自分の走りは全然ダメでした。
区間4位とか、25分とかのタイムはいいだけど。
大阪城を練習で走ってるいつもの感覚がじゃなかった。
緊張してたのかな。
いつもはスピードが出せる長くゆるやかな下りも全然遅い。
iPhoneアプリで最高速が4分30秒くらい。
草レースとは言え試合で5キロなんて走ったことなかった。
あっという間だったし。
でも、楽しかったからいいか。
束の間のサラリーマン気分も味わえたし。


   



後日ダウンロードした完走証です。
355チーム中38位は上出来。