1213/12/23 56 × 56

宝塚ハーフマラソン当日。
朝、7時過ぎに出発する。
六甲が朝日を浴びて焼けていた。
風はなく、ベストコンディションか。

  


宝塚駅すぐの花の道に集合。
受付して手塚治虫のTシャツを受け取る。
これがショボい。
胸に申し訳程度のアトムがいる。
こんなんなら白のTシャツの方がマシ。
参加賞のTシャツ、まともなのに当たるのは5分の1の確率ですね。


いざ出陣!の図。
ところが、ほぼ1時間後にエース1790番がD.N.F.になるとは…。
  


で、走りました。
これまでのパーソナルベストは豊岡ハーフの2時間3分30秒。
走る前にAからCまで3段階の目標を立てた。


C 目標は、最後までしっかり走って2時間10分以内で2013年を締める。
クリア!


B目標は、前半はキロ5分40秒以下を出来るだけキープして、
落ちることが予想される後半は6分以下でがんばってPB更新。
これもクリア!


A目標は、2時間切り。
クリア出来た!


たいていのレースではCをクリア出来れば十分満足なんだけど…。
こういうこともあるんだ。
一応、ちゃんと練習したもんな。
素直にうれしい。


   


アドバイスにしたがって序盤でペースを上げておく。
1キロから3キロまでキロ表示が見つからなかった。
とにかく大集団をすりぬけて前に出る。
同じブロックの亀ちゃんに構わず自分勝手にペースアップ。
4キロの表示を見つける。
あれ? 21分くらいだ。
5キロ 26分05秒 キロ5分ちょっとで走ってる?
武庫川河川敷のコースがアスファルトから土のダートになる。
ペース変わらず。
キロ5分台前半を刻む。
10キロ 52分29秒 先月の西宮国際10キロより5分も速い!
A目標いけるかも?
折り返し向かい風になる。
少しずつ足が重くなる。
キロ5分44〜55くらいに落ちる。
粘れ!
14〜17キロくらいがツライ。
けどちゃんと走っている。
ペースが落ちると前に進まずその場で跳ねている感じになる。
意識して前へ進む。
残り3キロで道がアスファルトになる。
1時間38分、走りながらタイムを逆算する。
キロ6分でもギリギリ切れる。
ペースを上げてみる。
いける。
抜いていくランナーにつかせてもらう。
キロ5分30秒のペースを保つ。
フィニッシュ地点が見えてきた。
残り1キロ、1時間51分!
さらにペースアップ。
55分台めざして。
そして、フィニッシュ!


1時間56分でした。(手元計測)


グロス 2時間00分38秒 
ネット 1時間56分12秒



56歳にしてPB、タイムも56分、56× 56です。
生涯ベストにならないように精進します。


レース後、さすがにふくらはぎつりそうになりました。
中山寺の「宝の湯」でおっさん4人でビールで乾杯。
いい気分で夜は仕事です。


   


レース後の写真にいない選手が一人。
ハーフ初エントリーのわが駅伝チームのエース安藤はD.N.F.
キロ4分10秒くらいで序盤を飛ばしてたらしいのですが、
6.5キロ過ぎにふくらはぎ肉離れで無念のリタイア。
全治一ヶ月くらいらしく、駅伝チームにとって大きな痛手。
といってもレースないんでゆっくり治してください。
競走馬でもあるまいしマラソンでスピード出し過ぎて負傷なんて…。
サラブレッドか!


追記:レース後、着替えた後にふくらはぎが吊りそうになる。
   逆瀬川まで歩き、中山寺まで移動、温泉施設「宝乃湯」で編成MとコンテンツK、宣伝部長Y氏と打ち上げ。
   美味しいビールでした。