2014/2/17 誰か止めて!

紅梅かがやく。
芦屋中央公園の一周850mの周回コースに梅や山茶花が咲いていた。
周回コースだけど結構変化があって楽しいです。
タッチが効いてて綺麗なんですが、
残念ながらピントが花じゃなくて幹に合ってる。

  


紅梅はかなり開いてました。
夙川公園の梅林(少ないけど)はまだまだ蕾なのに。
梅というのは種類、個体によってサクラ以上に開花時期に差があるんですね。
  


相当に年季の入った看板です。
いつも中央道4キロコースを利用させてもらってます。
850mの中央公園周回も意外といいですね。
  



…花園ラグビー酒場へ行く。
K輪住職と合流、きょうは空いている。
MacBookを開いて何やら書いている外国人がいる。
立ち飲みでラップトップ?


常連のG藤さんと話をする。
なにかネタにならないかな、と。
G藤さんは64歳、今も現役ラガーマンだ。
東京、大阪、福岡にそれぞれ40代以上のラグビークラブがある。
東京は不惑ラグビークラブ、大阪は惑惑ラグビークラブ、福岡は迷惑ラグビークラブ。
三惑大会というのが4月に福岡であるらしい。
G藤さんは惑惑クラブの60代チームのウイングだ。
いろいろと情報を仕入れる。
どういう形になるかはわからないけど自分が面白がることが大事だと思う。
面白がれば(興味を持てば)、たとえ仕事にならなくても自分の栄養になる。

  


そのG藤さんが毎年出場してると見せてくれたのがこのパンフ。
「50mダッシュ王選手権 in 奈良」
  


1回目は3歳から80代まで年代別に走る。
2回目は同じくらいのタイムで年代に関係なく走る。
老人と子どもがいっしょに走ることもある。
面白いと思う。
参加料は1500円、鴻池陸上競技場のタータントラックを走る。
出ようかな、とFBに書きこんだら数人に止められた。

  


飲み終えても7時過ぎ。
河内花園駅から日本橋へ出ます。
高架になった奈良方面行きのホームに比べとり残されたような難波行きのホーム。
昭和の哀愁が漂っている。
あえてモノクローム。
  


  


  


住職の案内で「夕顔」という小さなバーで2杯飲む。
6人坐れば満席となるカウンター、美空ひばりが流れている。
一杯目はワイルドターキーのソーダ割り、二杯目はバランタイン17年のロックを所望。
60代半ばのマスターに“ちょいソー”という飲み方を教えてもらう。
オンザロックにちょっとだけ炭酸を注ぐ。
なるほど、酒精が香り立つ。


もう一軒、味園ビルの魔巣窟のバー「大きな輪」でラフロイグのソーダ割り。
米須昌代と言うシンガーを知る。
You-Tubeで見つけた。
オリジナルじゃなくてサザンの「花咲く旅路」を歌っている。
彼女の声、歌い方、好きです。
関西の人みたいなのでいつかライブに行こう。
       


なんやかんやで23時過ぎになる。