2014/2/19 走れ!とトレイルが誘う。

朝から牡蠣フライ。
揚げたてを食べる。
食べるときのサクっという音がいい。
この牡蠣は広島の親戚から小さな樽に入って送られてきた。
地元でも評判の牡蠣なのだとか。
いつもスーパーで買うのとは別物でした。
身がしまってて味が濃い。


  


みなさん、牡蠣フライは何をつけて食べますか?
しょうゆ、マヨネーズ、タルタル、ウスターソース
僕はウスター好きなのでウスターとマヨネーズ。
嫁は断然しょうゆ、からし醤油もいい。


こうしてバットに置かれた揚げたてはさらに美味しそう。
  


そういえば…昨日の夜もカキおこ(お好み焼き)だった。



…午後4時半からトレイルランのまねごとして14キロ走る。
夙川河口(自宅)から夙川沿いに遡り、銀水橋からトレイルに入る。
北山池〜北山ダム〜甲山森林公園〜仁川駅のルート。
芦屋アスリートクラブのホームページにいくつものランニングコースが紹介されている。
その中でも屈指のロングコースです。
http://www.eonet.ne.jp/~munemune/rensyuu.kousu.htm


夙川上流、上りが徐々にキツくなるあたりですが、雰囲気ありますよね。
  


道が、走れ! と声がかけてくる。
こういうトレイルを走るのは本当に気持ちいい体験です。
トレイルでは2速くらいで登る感覚。
急坂や段差の大きな階段はあえて走らず(走れず)、速歩で登る。
フラットや下りでは自然とギアがチェンジする。
常に身体のスタビライザー(体幹)をオンにしておくこと。
転倒や滑落だけは避けたい。
  


途中、北山ダムあたりで暗くなって仁川の住宅地で迷子になり、
仁川駅に着いたら真っ暗になってました。
仁川から西宮北口、夙川と乗り継ぎ、夙川からまた走る。


   


体幹を鍛えるために週一くらいでクロカンを走れたらなあ。
次は荒地山を走ってみよう。
 

…帰ってカレーうどん食べながらテレビ見てたら…!
スノーボードアルペン女子大回転がえれえことになってる。
竹内智香が準決勝を勝ち抜いて決勝進出!
決勝の2回目、リードされたところで攻めて転倒。
惜しくも…惜しくも、銀メダルでした。


  


この競技、スノーボードにしては正統派の体育会系。
30歳、ルックスもヘアスタイルもちょっと古風でいいなあ。
フィギュアの渡部絵美に似てる(?)
え、渡部絵美 知らない?


3位のロシアの選手は旦那も同じ競技で金メダルを獲得した。
この選手、かなりの美形でした。
 
  


スノーボードでも北海道出身者はアスリート(体育会)系、関西出身者はストリート(チャラい)系。
よくよく考えてみると単なる環境の違いですね。
アルペン競技は当然ながら雪山ゲレンデが必要ですものね。