2014/3/5 クサマヤヨイ的

  
    


…信州松本は湿った雪が降っている。
宿に荷物を預けて身軽になって街を歩く。
  


今回の旅でもうひとつ来たかった場所が松本市美術館。
アンドリュー・ワイエスと並んで嫁の好きな画家ジョルジュ・ルオーと彼の師モローの特別展。
なぜか関西では開催がない。
僕はといえば、ルソーじゃなくてルオー? とつぶやく程度の知識しかない。
さ、美術のお勉強だ。
ボケットノナカニハ赤葡萄酒が入ったスキットル。
美術館のエントランスには草間彌生のオブジェが踊っている。
  



モローやルオーもいいけど…実は松本出身だという草間彌生に打ちのめされました。
この松本市美術館には草間彌生の常設展もあり、
印刷物で見た時は、なんだかなあ、と思った草間作品も実際に間近に見るとドカンと圧倒されます。
凄いです。
他の気取った芸術とは別物です。
好きとか嫌いとか趣味がいいとか悪いとかなんて超越してます。
芸術ってセンスじゃなくてパワーなんだと思いました。
岡本太郎の太陽の塔みたい。
わけわからんパワー。
クサマを見たあと、まともな絵画を見ても無力化されて全てが、
大滝秀治じゃないけど、お前はつまらん!となってします。


草間さんはずっと病院に住んでるらしい。
何となくわかる気がする。
  



  



…3泊4日の小旅行から帰宅すると玄関に花の香りが漂っていた。
窓辺に置いたヒヤシンスが人知れず留守中に咲いてた。

 


眠っていた感覚を覚醒させるような猛々しい香り。
明日は早起きするぞ!
と宣言しておく。