2014/3/16 武庫川月例マラソン

武庫川月例マラソンの10キロを走る。
毎月1回開催されるローカルな草レースです。
正月のぜんざいマラソンと同じように当日エントリー。
9時、フルもハーフも10キロも5キロも一斉スタートする。
一斉より早くスタートしてもいいし、遅れてもいい。
記録は各自でとる。


   


エントリー費 500円はコース整備
と給水と給食所、荷物預けのブルーシートと更衣テント、自分でタイムを記入する完走証。
ランナーズ保険はあるのだろうか?
無くても倒れたら応急手当や救急搬送はしてくれる。
というか兵庫医大病院が目の前だ。


昨日、帰りが遅かった。
朝起きて怠け心がむくむくと起き出した。
誰と約束してるわけでもない。
一人で行って、一人で走るだけのこと。
やめとこか。


いや、決めたことはやろう。
やれるときにやっておこう。
天気もいいし。



こんな感じで選手がスタートラインについている時でもエントリー出来ます。
  


コースは阪神武庫川駅(西宮側)北から上流へ走り、JRを越えたあたりで折り返す。
往復5キロのコースを距離に応じてリピートします。
フルとハーフの端数は別に折り返し地点が設けてある。
フルやハーフを走る人のために給水はしっかりしてます。
給食もバナナやバームクーヘンなど用意されている。
どの距離でも一律500円。
  


目標は特に決めずに走った。
前回の六甲シティで後半バテたので前半は自重する。
南風が強い。
5キロまではあえて追い抜かずペースを落とす。
26分ちょっとでハーフターン。
残り5キロを25分で走っても52分だ。
24分台はキツイから51分は無理だな。
ちょっとモチベーションが下がる。
速くて25分台後半だろう。
52分台を目標にして走り続ける。
うーむ、ペースが思うように上がらない。
平凡なタイムでは気分が乗らないのか。
最後はスパートするが53分台後半でフィニッシュする。


このタイムなら楽に走れる。
それがわかっただけでも収穫。
やっぱり自分の走り方は先手必勝か。
精神的にスケベ心がないと頑張れない。
おだてて伸びるタイプ。

  


2月は距離中心で走ったのでジョギングの巡航速度が落ちている。
距離中心はいいが今後はメリハリをつけて練習しよう。


…いったん帰宅してシャワー&朝食。
今日はニュースデスク3連投の中日です。
大相撲、全勝の大砂嵐と注目の遠藤の取り組み。
土俵際で遠藤が巨体の大砂嵐を突き落とし。
面白い相撲だった。


  


若い頃は何の不思議もなく見ていたこういう相撲。
遠藤の激しい動きを見るにつけ、ぞっとする。
柔軟なればこそ、筋力があればこそ、体幹がしっかりしてこそ。
自分だったら、と想像する。
腰、首、背中に重傷を負うに違いない。
若い頃はそんなことを想像したこともなかった。