2014/6/2 京都ギオンで吞む。

京都ギオンで飲む
酒友は網膜剥離の手術あけのA部老師と連夜の本社TKさん。
おなじみの「遊亀」、祇園のど真ん中にありながら驚異のコスパ店。
5時前から並んで待ちカウンター隅に陣どる。
近江の地酒金亀の60%生酒から始めてにごりや原酒や酒ロックやら。
戸を開け放した京都の夏の夕暮れ、
安上がりに酔っぱらいが出来上がりました。
    


メジャーリーグで先発投手の役目として“ゲームをつくる”という概念がある。
ここ祇園の「遊亀」はさしづめ、効率的に “酔っぱらいをつくる” 店だ。
京都の良き夜のクオリティースタートに祇園「遊亀」を! 


先発は「遊亀」「赤垣屋」ならセットアップ、あるいはクローザーは四富会館あたりか。
7時過ぎに遊亀を出て、祇園新橋あたりを歩き、錦市場を抜けて冨小路。
いつもの「たすく」で国産ワイン。
絶品のつきだし、今年初めてかな。
 


もう一軒行って、片手にマクドナルド珈琲もって阪急電車で帰宅す。